仮面ライダービルド第19話(1月21日)の見逃し配信動画を無料で見る方法とネタバレ感想!「禁断のアイテム」

1月21日放送の仮面ライダービルド第19話「禁断のアイテム」のネタバレ感想と見逃し無料動画の紹介です。第19話をネタバレ感想で振り返り、1月21日の放送を見逃した方には無料動画を紹介します。ブラァ!

スポンサードリンク

仮面ライダービルド第18話(1月14日)の見逃し配信動画を無料で見る方法とネタバレ感想!「黄金のソルジャー」

仮面ライダービルド第19話「禁断のアイテム」(1月21日放送)のあらすじ

内海(演:越智友己)は生きていた。それは彼がサイボーグだから、ではなく、射殺されたと思われていたがスタークに助けられていたからだった。もともと有能な科学者だった内海は、難波重工の科学者となり、スクラッシュドライバーを開発した。一方、戦兎(演:犬飼貴丈)と龍我(演:赤楚衛二)は戦いに対する考え方の違いが浮き彫りとなっていく。

スポンサードリンク

北都が東都政府を襲撃した。戦兎と龍我はグリスたちのもとへと駆けつける。二人に聞きたいことがあるというグリス。

「みーたんとはどういう関係だ!?」

「え~!?」

戦兎と龍我はそれぞれビルドとクローズに変身したグリスと戦う。グリスはビルドを、クローズは三羽ガラスを退けたところでブラッドスタークが現れ、それぞれのハザードレベルを測定する。

キャッスルハードスマッシュ ハザードレベル3.7

オウルハードスマッシュ ハザードレベル3.6

スタッグハードスマッシュ ハザードレベル3.7

仮面ライダーグリス ハザードレベル4.2

仮面ライダービルド ハザードレベル3.9

仮面ライダークローズチャージ ハザードレベル4.0

スタークはグリスたちに退却命令を出す。残された二人は変身を解除するが、龍我は倒れこんでしまう。

北都首相の多治見(演:魏涼子)は猿渡(演:武田航平)に三羽ガラスの強化改造を打診するが、危険な改造を猿渡は拒否。しかし、多治見は猿渡のいないところで三羽ガラスに話を持ちかけ、猿渡の役に立ちたい彼らは改造を受けることになる。

紗羽(演:滝裕可里)が猿渡の情報をつかんできた。猿渡は北都で大地主として農場を経営していたが、スカイウォールの影響で作物が育たなくなり、使用人だった三羽ガラスたちを養うために、自ら兵器となったのだった。だが、龍我は同情する必要はないと言い張る。

子供のいない公園で美空(演:高田夏帆)に思いのたけを打ち明ける龍我。

「子供が公園で遊べないなんておかしいだろ!……あいつもきっとそう思ってるはずだ。最近、あいつの笑った顔、見てねぇンだよ」

戦争の原因を作ったのは自分だと自責の念に駆られる戦兎を苦しみから解放する、それが龍我のの戦う目的だった。戦兎に出会わなかったら人間を信じられなくなっていたと話す龍我。

分散して隠していたボトルが北都に狙われた。戦兎は猿渡のもとへ駆けつける。戦兎と猿渡はそれぞれビルドとグリスになって戦う。

ビルド有利で戦いが進むも、そこに三羽ガラスが現れる。三羽ガラスはハザードスマッシュへと変化。猿渡が反対した改造が行われていたことに、猿渡は憤りをあらわにする。

ハザードスマッシュとなった三羽ガラスはビルドを圧倒。一方、グリスは駆けつけてきたクローズチャージと戦う。戦兎の制止を振り切り、強さを求める龍我。その一方で、戦兎は三羽ガラスに倒されてしまう。三羽ガラスはさらにボトルを奪おうとするが、グリスは撤退を指示する。

戦兎はクローズチャージに限界が来ていることを伝えるが、クローズチャージはそれも無視してタカボトルで追跡。しかし、力尽きて墜落してしまう。美空が龍我にさわるとバングルから不思議な力が発動して龍我の傷が治るが、美空は倒れてしまった。

一方、スタークは葛城の残した禁断のアイテムなら暴走する龍我を止められると戦兎にそそのかす。そのアイテムの名は、ハザードトリガー

えんとつ掃除をして汚れたわけではありません。

出典:https://pbs.twimg.com/media/DUCcdCsU8AEeLfW.jpg

ネタバレ感想① 龍我の成長

戦兎と戦争に関する考え方の違いを見せる龍我でしたが、その根底にあったのは「自責の念に駆られる戦兎の笑顔を取り戻したい」という想いでした。戦兎に出会わなかったら、人間を信じられずにいたと語る龍我。

自分の冤罪を晴らすことしか考えられなかったころと比べると、美空の言うとおり、龍我も成長しています。

戦兎も龍我も、実はお互いのことを思いあっているのですが、やはり恥ずかしいのか決して本人にはそのことを伝えません。言葉にしなくても伝わるのか、それとも、言葉にしなかったがためにすれ違ってしまうのか、これからの二人の関係にも注目です。

しかし、龍我は本当に成長しているのでしょうか。「戦争を止めたい」という想いも、実はスクラッシュドライバーの影響なのかもしれません。

ネタバレ感想② スクラッシュドライバーの副作用

戦兎によると、スクラッシュドライバーは闘争本能を高めるためにアドレナリンをの過剰分泌を促します。それが体へ負担をかけるのだそう。

アドレナリンが過剰に分泌されると、動悸が早まり、心臓への負担がかかります。心臓以外にもストレスをかけます。

さらに、アドレナリンが分泌されるとイライラしやすくもなります。そういえば、最近の龍我はしょっちゅう戦兎と衝突していますね。

「子供が公園で遊べないなんておかしいだろ!」と憤る龍我ですが、もしかしたら、過剰に分泌されたアドレナリンがそう思わせているのかも。

おかしいのは龍我の精神状態なのかもしれません。

出典:https://pbs.twimg.com/media/DUBhwhcVoAAjKKm.jpg

ネタバレ感想③ ビルドが描く戦争

スクラッシュドライバーの危険性を訴えるも、グリスに対抗するにはこちらもスクラッシュドライバーを使うしかない。一方、三羽ガラスは猿渡の役に立ちたいと危険を承知でハザードスマッシュとなり、戦兎も禁断のアイテムの仕様を余儀なくされる……。

どちらかが強くなれば、敵もまた強くならざるを得ない。東西冷戦や北朝鮮など、核開発の背景にはこのような理由があります。20世紀以降の戦争は物量ではなく科学力が勝敗を決めます。兵の数や武器の数を急に増やすことはできない。それよりも、一つの兵器の殺傷能力を極限まで高めればいい。

そして、どこかが強い兵器を持ってしまったら、こちらも自衛のために強い兵器を持たなければいけない。具体的には、どこかの国が核ミサイルを配備したので貼れば、迎撃用のミサイルや、抑止力としての核兵器が必要になってくるのです。

誰だって戦争の犠牲になどなりたくないのであり、そのために安全を求める。人として当たり前のことです。

そして安全のために軍備を拡張する。これもまた当たり前のことです。

そして、戦兎、龍我、猿渡、三羽ガラス。彼らこそが「拡張された軍備」です。命を持ち、痛みを感じ、血を流し、迷い、悩み、それぞれ帰りを待つ家族や仲間がいる、彼らこそが「拡張された軍備」なのです。互いに大切なものを守るために、大切な町を傷つけないために、使い捨ての兵器となって戦う彼らこそが「拡張された軍備」なのです。

安全を守るために軍事力は必要です。では、どこまで軍備を拡張すれば「安全」と言えるのか。相手が強くなればこちらもさらなる力を求める。その欲求に歯止めをかけることができるのか。「超えてはいけない一線」はどこにあるのか。その手前で軍備の拡張をとどめることができるのか。止められたとして敵が一線を越えた軍事力を備えたら、それでもきれいごとを貫けるのか。

ビルドが描く戦争は、決して絵空事などではなく、現実の一歩先を描いているだけなのかもしれません。

彼らこそが平和のために、欲望のために、拡張された軍備です。

出典:https://www.toei.co.jp/tv/build/story/__icsFiles/afieldfile/2018/01/12/1.jpg

感想のまとめ

仮面ライダービルドはフィクションではあるが、現実の一歩手前である。だとしたら、次に描かれる話はどのようなものなのでしょうか。

次回 第20話「悪魔のトリガー」

軍備の拡張が止まりません。戦兎は敵も味方も、誰も死なせたくないのに……。

ビルドの映画についてはこちら!

2017年の映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL』のレポート&感想

仮面ライダービルド動画の見逃し配信を無料で見る方法

仮面ライダービルドの見逃し配信は、「auビデオパス」で見ることができます!

Hulu dTV U-NEXT Netflixでも見れないのに、auが本気を出してきて見れるんです!!しかも、戦隊シリーズは全部見れるので、「キュウレンジャー」見逃し配信も無料で見ることができます。30日間無料で見れるので、ゆっくりエグゼイドもキュウレンジャーも見返すことができますよ。

ソフトバンク・ドコモもOK!
登録はこちらから
↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です