仮面ライダーゴースト第43話あらすじとネタバレ感想

8月7日に放送された、仮面ライダーゴースト第43話「接続!天才少年」の感想です。いよいよ、志藤のカウントダウンに入ったデミアプロジェクト。天才少年騒動の裏には、アデルとイゴールの恐るべき野望が潜んでいます。一方、アランと御成は何ともややこしいことに! そして、アデルはついに力の根源とつながってしまいます。

スポンサードリンク

仮面ライダーゴースト 第43話のあらすじとネタバレ

タケル(演:西銘駿)に残された時間はあと5日。眼魔世界に行き、ガンマイザーを倒して生き返るため、ディープスペクターアイコンやメガウルオウダーの解析が進む。そんな中、不可思議現象の調査の依頼が舞い込む。小学生の息子が突然天才になったというのだ。

スポンサードリンク

似たような現象が各地で発生し、タケルたちは手分けして調べることに。どうやら、ディープコネクト社のコンタクトレンズ型端末、デミアβ版が原因らしい。しかし、レンズは外れず、デミアも本格始動直前で止めることができない。

どこかにデミアを管理しているサーバーがあるはず、と探すタケルたちの前にイゴール(演:山本浩司)が現れる。イゴールは、デミアの使用者たちの魂をアイコンにして、眼魔コマンドに代えてタケルたちと戦わせる。そして、御成(演:柳喬之)も眼魂にされてしまった。

そこにアラン(演:磯村勇斗)が駆けつける。眼魂を壊せば魂は肉体に戻るはず。アランの協力を経て、タケルは眼魂を壊し、魂を肉体に帰していく。

残る眼魂は御成だけ。だが、御成は肉体に戻るのを拒否し、なんとアランの中に入ってしまった。

タケルのもとに駆けつけるアラン。だが、これが悲劇(喜劇?)の始まり。

https://livedoor.blogimg.jp/nuchan2/imgs/5/9/594da6b0-s.jpg

第43話の見どころ① デミアプロジェクト、いよいよ始動!

スポンサードリンク

2月放送の第19話に指導した「デミア・プロジェクト」。ディープ・コネクト社の社長・スティーブ・ビルズ(演:セイン・カミュ)を眼魂で操り、イゴールが進めてきました。現在わかっているのは、次のようなことです。

  • パソコンの端末のように、人間同士をを意識レベルでつなげるらしい。
  • 今回登場した「歌」が関係しているらしい。
  • その目的は、人間世界を眼魔世界のような、心を不要とする徹底した管理社会にすること。

人間同士の意識をつなげることで管理社会を作り出す。なんだか、ぞっとする話です。一方で、パソコンやスマホでいろんな情報とつながれる現代を風刺しているようにも見えます。

今回、そのデミアがカウントダウンに入り、次回いよいよ起動します。デミアの全容とはどのようなものなのでしょうか。

デミアプロジェクトの影響で、普通の小学生が、フェルマーの最終定理を理解してしまうほどの天才に。

https://livedoor.blogimg.jp/nextnever1/imgs/a/d/ad3325be.jpg

第43話見どころ② 更なる進化を遂げたアデル

前回、完璧な世界を作るのではなく、自らが世界そのものになると宣言し、自身の眼魂を破壊したアデル(演:真山明広)。生身の肉体へと戻りました。一糸まとわぬ姿が朝から強烈です。イゴールいわく、ついに力の根源、グレート・アイとつながったとのこと。カノン(演:工藤美桜)生き返らせるなど、神に近い力を持つグレート・アイ。そのグレート・アイと一体化したアデル。いったい、どうなってしまうのでしょうか。そして、タケルは生き返ることができるのでしょうか。

アデルはどこへ向かおうとしているのか……。

https://www.toei.co.jp/tv/ghost/story/__icsFiles/afieldfile/2016/07/29/3_1.jpg

第43話見どころ③ もう一人のマコト

依然として襲来してくる偽物と戦い続けるマコト(演:山本涼介)。今回、こちらにも新たな展開が。

アデルが君臨する玉座の間。そこに並ぶのは、十数人のマコトの偽物。それらが一人にまとまり、「本当の俺になった」とつぶやきます。これらはいったい、なにを意味するのか。仙人(演:竹中直人)はディープスペクター眼魂とガンマイザーが関連していると推測し、アデルは「私が作った」と言っています。

いわゆる「2号ライダー」の多くは、物語の中盤で山場を迎えてしまい、終盤は存在案が薄れてしまう、ということが多いです。特にマコトの場合、戦いの目的であった「妹を生き返らす」ことを序盤で達成してしまったため、どうしてもその後は影が薄れてしまいます。そのため、「もう一人のマコトとの戦い」はマコトの存在感を出すためにも、非常に重要な展開です。

マコトVS偽マコトの戦いも新たな局面へ

https://livedoor.blogimg.jp/sukikoto99/imgs/3/e/3ef143c8-s.jpg

第43話の見どころ④ やっぱり御成!

そして今回、圧倒的な存在感と笑いをもたらしたのは、やっぱり御成です。怪しいコンタクトレンズを付けて頭がよくなったり、頭がよくなったのにやっぱり頼りなかったり、眼魂にされてしまったり、さらにアランにとりついたり。シリアスな展開が続く中、一人で笑いを取り続けています。

眼魂になった御成がアランにとりつくという衝撃(笑劇)の展開! ネットではすでに、アラン役の磯村さんの、御成完コピがすごいと話題に。

https://blog-imgs-95.fc2.com/d/o/d/doddemokuriasiteyany/20160807144205c87.jpg

これまでを振り返っても、眼魔の攻撃を映画「マトリックス」のようによけたり、そのままぎっくり腰になったり、石川五右衛門にとりつかれたり、ディープ・コネクト社の警備員と格闘したり、怪しいプロデューサーになってアカリ(演:大沢ひかる)をアイドルプロデュースしたり。仮面ライダーゴーストのお笑い面の肝を担っています。

その御成の人気は高く、演じる柳さんのツイッターには3万人を超えるフォロワーがついています。ついには、映画「劇場版仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間」のCMのナレーションまで任されるようになりました。

仮面ライダーゴーストは終盤に向かって、これからもシリアスな展開が続くと思われますが、その中で御成がどこまで暴れてくれるのか、多くのファンが楽しみにしています。

御成フィギュア

あまりの人気に、ついにフィギュアとなって商品化されることに。

https://twitter.com/search?q=%E5%BE%A1%E6%88%90%E3%80%80%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%AE%E3%83%A5%E3%82%A2&src=typd&lang=ja

第43話感想のまとめ

いよいよデミアプロジェクトが始動し、手に汗握る展開が続く中、笑いを取る御成にやっぱり目が行ってしまいます。ここにきて御成の活躍(?)が増えるのを見ると、やはり御成の評価は高いのだなぁ、と思います。

次回 第44話「起動!デミアの恐怖!」

次回、ついにデミアプロジェクトが起動します。タケルたちはデミアを阻止できるのか。一方、御成に取りつかれたアラン」を演じる磯村勇斗さんにも注目です。台本を見て驚愕したという磯村さん。どうやら、「御成として」ネクロムに変身するみたいですよ?

仮面ライダーエグゼイド動画の見逃し配信を無料で見る方法

仮面ライダーエグゼイドの見逃し配信は、「auビデオパス」で見ることができます!

Hulu dTV U-NEXT Netflixでも見れないのに、auが本気を出してきて見れるんです!!しかも、戦隊シリーズは全部見れるので、「キュウレンジャー」見逃し配信も無料で見ることができます。30日間無料で見れるので、ゆっくりエグゼイドもキュウレンジャーも見返すことができますよ。

ソフトバンク・ドコモもOK!
登録はこちらから
↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です