仮面ライダーゴースト第42話あらすじと感想(ネタバレ注意)

7月31日に放送された仮面ライダーゴースト第42話「仰天!仙人の真実!」のあらすじと感想です。いよいよ佳境に入った仮面ライダーゴースト。仙人とイーディス長官の真実や、タケルの新たな決意、そして、タケルとアデルの一騎打ちなど、最終回を、そして、映画の公開を前にして、見どころが満載です。

スポンサードリンク

仮面ライダーゴースト第42話「仰天!仙人の真実!」のあらすじ

アデル(演:真山明大)が変化したパーフェクト・ガンマイザーの襲撃を受けたタケル(演:西銘駿)たち。アラン(演:磯村勇斗)の機転により、何とか危機を脱したタケルたちだが、マコト(演:山本涼介)が目を覚まさない。イーディス長官(演:竹中直人)はディープスペクターアイコンと関係があるのではないかと推測する。

スポンサードリンク

アデルが再び襲撃。タケルとアランで迎え撃つも、歯が立たない。アデルはとどめを刺そうとするも、眼魔ウルティマ・エボニーに変化したイーディス長官が攻撃を防ぎ、大天空寺にワープする。しかし、イーディスの眼魂は砕けてしまう。

目を覚ましたタケルたちのもとに、復活したイーディスが現れる。しかし、あわてていたため、仙人の格好でイーディスとしてタケルの前に現れてしまった。やはり、仙人とイーディスは同一人物だったのだ。

今のタケルの状態が、タケルが生き返れるのかどうかが全く分からないと白状する仙人ことイーディスに、アカリ(演:大沢ひかる)たちは怒りをあらわにする。その怒りは自分を思ってのものと分かったタケルは、自分のふがいなさを自覚し、生き返る決意を新たにする。

そこに再びアデルが襲撃。タケルはアデルと一対一で戦う。喜び、楽しさ、信念、勇気、そして怒り。これまで学んできた感情をぶつけ、タケルはアデルを倒す。

共にガンマイザーと戦おうと手を差し出すタケルにアデルはつぶやく。

「私が間違っていた」

だが、アデルはタケルの手を払いのけると、眼魔世界へと帰ってしまう。

「ようやくわかったぞ……」

眼魔世界に戻ったアデル。自らの眼魂を取り出すと、破壊してしまう。

「完璧な世界を作っても無駄だ。私が世界になる……」

タケルとアデル、それぞれの信念がぶつかり合う

https://www.toei.co.jp/tv/ghost/story/__icsFiles/afieldfile/2016/07/21/5.jpg

仮面ライダーゴースト第42話の見どころ① 仙人の真実

スポンサードリンク

今まで竹中直人さんが演じてきた仙人とイーディス長官。コミカルな口調でコスプレを楽しみ、話をはぐらかす仙人と、厳格な口調でマコトを支援し、理想の世界の実現を目指してきたイーディス長官。この二人は、やはり同一人物でした。もっとも、どちらも竹中直人さんが演じていた時点で、多くの視聴者が「同一人物なのでは」と思っていたと思いますが……。

正体を明かした後は、いつもの仙人の方のキャラを貫く仙人ことイーディス。皆が楽しく笑いあう世界こそが理想だというイーディスの素は、どうやら仙人の時のキャラのようです。ということは、眼魔世界でイーディス長官としてアランたち家族やマコトに接していた時は、無理してシリアスな人間を演じていた、ということなのでしょうか?

仙人

「テヘッ!ついにバレちゃった。」じゃなくて……。

https://twitter.com/search?q=%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%80%8042%E8%A9%B1&src=typd&lang=ja

仮面ライダーゴースト第42話の見どころ② タケルの決意

正体を明かした仙人ことイーディスによると、現在のタケルの状況は全くわからないらしいです。最初の99日を過ぎてしまった時点でイーディスの力ではどうにもならない状況になってしまい、今のタケルがどういう状況なのか、生き返ることができるのか、全く分からないということ。

あまりにも無責任なイーディスの発言に、大天空寺の面々は怒りをあらわにします。さらに、「99日を過ぎて、イーディスにはどうしようもできなくなった」ということは、一方で99日以内ならイーディスの力で生き返らせることもできたのではないかということ。今までタケルを眼魔世界の侵攻阻止のために利用していただけなのではないかと、大天空寺の面々はイーディスに激しく言い寄ります。

いつになく怒りをあらわにするみんなを見て困惑するタケル。でも、その怒りはいずれもタケルの身を心配しているからこそ。これほどまでにみんなが自分のことを心配し、生き返ることを望んでいたのかと気付いたタケルは、自らのふがいなさを自覚し、改めて生き返る決意を固めたのでした。

しかし、大天空寺の面々が指摘していたように、「いまさら」な決意なんですよね。「タケルは死んでいるのに危機感がない」というのはだいぶ前から言われていたことですし。

仮面ライダーゴースト第42話の見どころ③ アランの叫び

グレート・アイとつながるためにタケルを消去しようとするアデル。パーフェクト・ガンマイザーに変化したアデルと、弟アランが戦います。完璧なものを追い求めるあまり、周りの人間を次々と不完全とみなして切り捨てるアデル。そんなアデルに対し、アランは必死に叫びます。

「もう、あなたの周りには、誰もいない!」

しかし、その叫びもむなしく、アデルは「体だけではなく心も脆弱になった」と切り捨てるのでした。

変身を解除したアランが、アデルの足にすがりつき叫ぶシーンは、大切な人たちの死を乗り越えたアランだからこそ出せる凄みがありました。最近敗北が続いているアランですが、このシーンでの気迫は何物にも勝っていました。一方で、これまでほとんど感情を現さなかったアデルが、弟アランの叫びに対し「これだから人間は!!」といら立ちをあらわにしています。父を慕い、父の目指す完璧な世界を理想としてきたアデルにとって、人間の不完全さに対する怒りこそが、すべての原動力なのかもしれません。

兄の暴走を止めるため、アランは必死にアデルに訴えかける。

https://livedoor.blogimg.jp/nextnever1/imgs/c/6/c6647cdf.jpg

仮面ライダーゴースト第42話の見どころ④ アデルの意思

今回のクライマックスはなんといっても、タケルとアデルの一騎打ちです。アデルの価値観と、タケルがこれまで学んできたことがぶつかり合い、ついにタケルが勝利をおさめます。

タケルがアデルに手を差し出すシーンは、先週の予告で明らかになっていたので、ついにアデルと心が通じ合い、アデルがラスボスという可能性はなくなるのではないかと思いました。

敗北を喫し、自らの間違いを認めるアデル。

しかし、アデルはタケルの手を非情にも払いのけてしまいます。

どうやら、みんなが思っていた「間違い」と、アデルが認識した「間違い」は少し、いや、かなり違っていたようです。てっきりアデルと打ち解けると思っていたので、この展開は驚きました。

今回のラストで、完璧な世界を作るのではなく、完璧な世界そのものになることを宣言したアデル。残り2か月、どのような動きを見せるのでしょうか。

タケルの想いはアランに届かなかったのか……

https://www.toei.co.jp/tv/ghost/story/__icsFiles/afieldfile/2016/07/21/10.jpg

仮面ライダーゴースト第42話のまとめ

大天空寺側は仙人の正体や、タケルの決意などが描かれていましたが、正直、想定の範囲内でした。

一方、アデルの新たな決意に関しては、完全に一本取られました。

仮面ライダーゴースト 次回は8月7日放送の第43話

次回、いよいよアデルが力の根源と一体化します。タケルを排除しないと一体化できないはずですが、一体どうやって? そして、5か月(劇中では約50日)引っ張ったデミアプロジェクトもいよいよ始動のカウントダウンへ入ります。さらに、アランにも異変が? 来週も、バッチリミナー!!

仮面ライダーエグゼイド動画の見逃し配信を無料で見る方法

仮面ライダーエグゼイドの見逃し配信は、「auビデオパス」で見ることができます!

Hulu dTV U-NEXT Netflixでも見れないのに、auが本気を出してきて見れるんです!!しかも、戦隊シリーズは全部見れるので、「キュウレンジャー」見逃し配信も無料で見ることができます。30日間無料で見れるので、ゆっくりエグゼイドもキュウレンジャーも見返すことができますよ。

ソフトバンク・ドコモもOK!
登録はこちらから
↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です