仮面ライダービルド第24話(2月25日)の見逃し配信動画を無料で見る方法とネタバレ感想!「ローグと呼ばれた男」

2月25日放送の仮面ライダービルド第24話「ローグと呼ばれた男」のネタバレ感想と見逃し無料動画の紹介です。第24話をネタバレ感想で振り返り、見逃した方には無料動画を紹介します。オラァア!

スポンサードリンク

仮面ライダービルド第23話(2月18日)の見逃し配信動画を無料で見る方法とネタバレ感想!「西のファントム」

仮面ライダービルド第24話「ローグと呼ばれた男」(2月25日放送)のあらすじ

西都の戦士、仮面ライダーローグの正体は、東都を追放された氷室幻徳(演:水上剣星)だった。東都を追放された幻徳はかつての部下だった内海(演:越智友己)に土下座し、難波重工の力を得て、屈辱の日々を経て西都の仮面ライダーになった。

戦兎(演:犬飼貴丈)は首相の氷室泰山(演:山田明郷)にパンドラボックスの保管場所の移動を提案する。だが、その情報はスパイを通じて西都に筒抜けになっていた。

青羽と黄羽の供養をする戦兎のまえにブラッドスタークが現れ、ボトルの返還を要求する。スタークは戦兎と幻徳の最大の違いは覚悟であり、失うもののない幻徳に比べ、戦兎は一人で全てを抱え込んでいると指摘する。

スポンサードリンク

ボトルを返せば、スタークはパンドラボックスを開け、西都は強大なエネルギーを手に入れる。戦兎は仮面ライダービルドに変身してスタークと戦うが歯が立たない。スタークはハザードトリガーを使うように仕向け、ハザードフォームになったビルドは暴走し、スタークはさらにビルドを煽るも、グリスが乱入してビルドを止めた。

猿渡(演:武田航平)は戦兎に、西都と戦うために力を貸してくれと頼む。

というわけで(?)、猿渡と赤羽(演:栄信)がnascitaに転がり込むことになった。一方、戦兎はスタークに言われた、「お前は多くのものを抱えすぎている。故に自分を解放することができない」という言葉に思い悩む。

「覚悟ってなんだろ……」

そんな戦兎を励ます美空(演:高田夏帆)。だが、突然美空のバングルが光り、倒れてしまう。直後、氷室泰山から西都の軍勢が政府官邸を主激したとの連絡が入る。

首相官邸に、敵として返ってきた幻徳。父親である泰山にネビュラスチームガンの銃口を向ける。

一方、駆けつけたビルドたちの前にリモコンブロスとエンジンブロスが立ちはだかる。クローズチャージはブロスたちを引き受け、ビルドを泰山のもとへと向かわせる。

ローグはパンドラボックスを奪うと、ビルドを引き付けて逃走。グリスたちも後を追う。

スカイウォールの前に降り立つローグとブロス。

「俺たちの運命を狂わせたスカイウォール。これ以上ない舞台だろ、葛城?」

ビルドはローグと戦うが歯が立たない。

「ハザードトリガーを使え! 暴走したら、止めてやる!」

グリスの声でビルドはハザードフォームになるが、それでも歯が立たず、ビルドは変身を解除してしまう。さらに、クローズチャージとグリスもブロスに圧倒されて変身解除。絶体絶命となる。

そこに現れたのは美空だった。だが、何か様子がおかしい。美空の眼が緑に輝き……。

今日のネットはもう、この画像ばっかり

出典:https://pbs.twimg.com/media/DW185EFU8AAk25_.jpg

ネタバレ感想① 戦兎と猿渡が手を組むということ。

スポンサードリンク

北都を取り返すために力を貸してほしい。猿渡の申し出を受け、ビルド&クローズとグリス&キャッスルハードスマッシュの共同戦線が誕生します。

西都は北都占領後は東都に宣戦布告をしているため、手を組むことは東都のライダー、北都のライダー、お互いにメリットがあるはず。

また、やはり戦兎にとっては青羽の件での負い目もあるのでしょう。猿渡たちの力になれるのならば協力したいと考えているのだと思います。

しかし、猿渡や赤羽と行動を共にするということは、戦兎にとってはあの忌まわしき惨劇と向き合わねばならないことも意味しています。

猿渡も赤羽も、口に出さないだけで、大切な仲間を殺した戦兎を赦したわけではないでしょう。21話の猿渡からは、青羽を殺された憎しみや悔しさを押し殺す覚悟の強さがにじみ出ています。

戦兎もそんな猿渡たちに甘え、赦されたと勘違いするとは思えません。彼もまた口に出さないだけで、やはり猿渡たちといれば自責の念を覚えずにはいられないはず。

戦兎はスタークに言われた「覚悟」という言葉を反芻しましたが、自分の罪から逃げないことがその覚悟なのではないでしょうか。そして、すでに戦兎はその入り口に立っているように思えます。

今回、戦兎は再び青羽を殺めた場所を訪れて花を手向けていますが、青羽の幻覚に怯えた以前と比べるととても落ち着いています。しかし、それは決して自分が犯した罪を忘れたわけでも正当化したわけでもなく、罪を背負って生きていく覚悟を持ち始めたからではないでしょうか。

戦兎は青羽だけでなく、西都の兵士に殺された黄羽にも花を手向けます。それは、あの日殺されたのがたまたま青羽だっただけで、もしかしたらあの日戦兎に殺されていたのは黄羽だったかもしれない。だから、二人を区別せずに手を合わせるのでしょう。

このまま歩き続けてる たとえそれが茨の道でしかなかったとしても

出典:https://pbs.twimg.com/media/DW1wvHaV4AAYKer.jpg

ネタバレ感想② ハザードトリガーが生む奇妙な絆

ハザードトリガー。平成ライダーの中でもトップクラスに危険なアイテムでしょう。暴走の可能性どころかまず間違いなく暴走するうえ、登場から4話経ってもいまだに克服の兆しが見えません。むしろ、暴走までの時間が早くなってるような……。

しかし、そのハザードトリガーが絆を描くという奇妙な状態が起こっています。

前回は、北都の兵士を前に戦兎が龍我にハザードトリガーの使用を宣言します。万が一暴走しても、龍我なら止めてくれると信じているから。ハザードトリガーの危険性が、二人の絆を、信頼性を描き出しました。

今回は猿渡が戦兎にハザードトリガーを使うように促し、暴走したら自分が止めると宣言します。

おそらく、猿渡はまだ戦兎と信頼関係を結ぶには至っていません。

むしろ、東都と北都の戦いは終わったのだから、これまでのことをノーサイドにして、悔しさや憎しみを飲み込んで戦兎と信頼関係を築きたいという猿渡の意志の表れのように思えます。

しかし、ハザードトリガーを持ってすら、ローグにはかなわなかったわけですが……。

「自分を解放する」にカギがあるのか……。

出典:https://pbs.twimg.com/media/DW27JVWVoAANupD.jpg

感想のまとめ

そういえば、今回、龍我の話をほとんどしてない。ほんとだ、影薄い……。次回こそ一騎当千で頑張ってほしいものです。

次回 第25話「アイドル覚醒」

おちゃめなタイトルですが、ネットでは「アイドルって偶像って意味もあるよね」との指摘が。

「忌まわしき惨劇」についてはこちら!

仮面ライダービルド第21話(2月4日)の見逃し配信動画を無料で見る方法とネタバレ感想!「ハザードは止まらない」

仮面ライダービルド動画の見逃し配信を無料で見る方法

仮面ライダービルドの見逃し配信は、「auビデオパス」で見ることができます!

Hulu dTV U-NEXT Netflixでも見れないのに、auが本気を出してきて見れるんです!!しかも、戦隊シリーズは全部見れるので、「キュウレンジャー」見逃し配信も無料で見ることができます。30日間無料で見れるので、ゆっくりエグゼイドもキュウレンジャーも見返すことができますよ。

ソフトバンク・ドコモもOK!
登録はこちらから
↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です