仮面ライダービルド第23話(2月18日)の見逃し配信動画を無料で見る方法とネタバレ感想!「西のファントム」

2月18日に放送された仮面ライダービルド第23話「西のファントム」のネタバレ感想と見逃し無料動画の紹介です。仮面ライダーローグが登場した仮面ライダービルド第23話をネタバレ感想で振り返り、見逃した方には無料動画を紹介します。

スポンサードリンク

仮面ライダービルド第22話(2月11日)の見逃し配信動画を無料で見る方法とネタバレ感想!「涙のビクトリー」

仮面ライダービルド第23話「西のファントム」(2月18日放送)のあらすじ

ビルドがグリスとの代表選に勝ち、つかの間の平和が訪れたと思いきや、西都が北都を制圧し、東都にも宣戦布告をした。黄羽(演:吉村卓也)は一人北都へ向かうが、北都の兵士であるリモコンブロスとエンジンブロスにやられ、人質となってしまう。黄羽を人質とした西都はグリスに西都の兵器になるように要求。

猿渡(演:武田航平)と赤羽(演:栄信)は黄羽の救出に向かう。龍我(演:赤楚衛二)もともに行こうとするが、戦兎(演:犬飼貴丈)がそれを止める。東都の仮面ライダーがいま、西都の支配下に行ったら侵略行為になってしまうからだ。戦兎は自分たちはいけない代わりに猿渡にフルボトルを渡し、北都の兵士を東都に引き連れて逃げるように指示する。東都の領域でなら自衛のため戦えるためだ。

スポンサードリンク

黄羽のもとにたどり着いた猿渡は仮面ライダーグリスに、赤羽はキャッスルハザードスマッシュに変身して黄羽を救出するも、北都の兵士の力に圧倒される。グリスはヘリコプターフルボトルを起動して、赤羽と黄羽を連れて東都へと向かう。

しかし、北都の兵士に撃墜されてしまう。そして、黄羽の体が消滅し始める。実は、猿渡たちが来る前にすでに限界を迎えていた。

北都の兵士たちは猿渡めがけて攻撃を放つが、黄羽が最後の力を振り絞ってオウルハザードスマッシュに変化し、猿渡を守った。

「ショウキチ……」

「やっぱり……、記憶失ってないじゃん……。ウソ下手だなぁ……」

猿渡の腕の中で消滅する黄羽。激昂した猿渡は生身のまま北都の兵士に向かうが歯が立たない。キャッスルは猿渡を連れて離脱する。

東都へ逃げ込んだ二人を追ってきた北都の兵士。スカイウォールの前で待っていた戦兎と龍我はビルドとクローズチャージに変身して迎え撃つ。

「万丈、ハザードトリガーを使う……!」

「……わかった。任せとけ」

ハザードトリガーの力でエンジン部ロスを圧倒するビルドだが、耐え切れず暴走し始める。だが、その一歩手前でクローズチャージがハザードトリガーを弾き飛ばした。正気に戻ったビルドはラビットタンクスパークリングに変身して戦う。

北都の兵士に押されつつも反撃するビルドとクローズチャージ。そこに西都の仮面ライダー、仮面ライダーローグが現れる。

ローグはクローズチャージとビルドをいとも簡単に吹き飛ばしてしまう。ローグが変身を解除すると、その正体は東都を追放された氷室幻徳(演:水上剣星)だった。

「また会えたな……葛城」

一瞬、葛城って誰だろう、って思った。

出典:https://pbs.twimg.com/media/DWRx8xBUMAAPmcH.jpg

ネタバレ感想① なぜ、猿渡は激昂したのか

スポンサードリンク

黄羽が殺され激昂する猿渡。しかし、青羽が戦兎に殺されたときは激昂する仲間たちを猿渡は止めていました。

なぜ、今回は猿渡が激昂したのか。

それは、今回の事件が猿渡の覚悟の範疇の外だったから。

猿渡が青羽を殺した戦兎を決して責めないのは、そもそも北都側が仕掛けた戦争であり、戦争として戦兎や龍我を殺すという覚悟を持っていたから。

相手を死なせてしまったのならば、その罪を背負って生きる。

逆に自分や仲間が死んでしまったら、その憎しみや悲しみを飲み込んで生きる。

それが猿渡の覚悟。

ところが、今回の件は北都は完全な被害者。西都の一方的な侵略行為です。黄羽は西都に不当に拘束された家族や仲間を助けに向かい、殺されてしまいました。

この事件は、猿渡の覚悟の範疇外なのです。それゆえ、猿渡は感情を爆発させたのです。

みーたんのためなら5万払う覚悟もあります。

出典:https://pbs.twimg.com/media/DWRtLUKVwAAmuA8.jpg

ネタバレ感想② 戦兎はなぜ猿渡たちに手を貸すのか

黄羽を助けに行く猿渡と赤羽に、戦兎は全面協力します。

立場上北都に行くことはできないけど、手持ちのフルボトルを猿渡に提供し、東都に敵を引き付ければ自分たちも戦えるとアドバイスします。実際、猿渡たちを追って東都に踏み込んだ北都の兵士を戦兎は迎え撃ちます。

なぜ、敵だった猿渡たちにそこまでするのか。

もちろん、もともと戦兎は誰かの力になることで喜びを覚える人間です。

しかし、やはり青羽の件の贖罪という気持ちもあるのではないでしょうか。

猿渡たちに手を貸すことで赦されるなんて思っていない。それでも、何かをせずにはいられない。それが桐生戦兎なんだと思います。

え? じゃあ、龍我は何で戦ってるのかって?

まあ、あいつはバカだから……。

ネタバレ感想③ どうやってハザードトリガーを克服するのか

仮面ライダー剣のキングフォーム、仮面ライダーWのファングジョーカー、仮面ライダーオーズのプトティラコンボ、などなど、暴走の危険性をはらんだ強化フォームは過去にもありました。

その中でも、ハザードトリガーの危険性はトップクラスと言えるでしょう。

なにせ、すでに一人殺していますから。

そして、登場から3話。いまだ持って戦兎一人では克服の兆しすら見えません。

しかし、今回、戦兎はハザードトリガーの使用を選択します。

その克服方法、それは「ともに戦う龍我に託す」。

ひとりで全てを背負いがちな戦兎が、誰かを信じて託すというのは大きな進歩なのかもしれません。

そして、龍我も戦兎の期待に応え、暴走する手前でハザードトリガーを弾き飛ばして止めています。

しかし、やはりハザードトリガーを一人で使いこなせないと、ローグに勝つことは難しいでしょう。

ある意味、二人で一人の仮面ライダーです。

出典:https://pbs.twimg.com/media/DWRvD1YVQAA92XV.jpg

感想のまとめ

北都との戦いやハザードトリガーの脅威を経て、戦兎と龍我の絆は一層深まったのかもしれません。

次回 仮面ライダービルド第24話「ローグと呼ばれた男」

……自分で「ローグ」って名乗ってたよね?

仮面ライダービルドの映画についてはこちら! カイザーも出てるぞ!

2017年の映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL』のレポート&感想

仮面ライダービルド動画の見逃し配信を無料で見る方法

仮面ライダービルドの見逃し配信は、「auビデオパス」で見ることができます!

Hulu dTV U-NEXT Netflixでも見れないのに、auが本気を出してきて見れるんです!!しかも、戦隊シリーズは全部見れるので、「キュウレンジャー」見逃し配信も無料で見ることができます。30日間無料で見れるので、ゆっくりエグゼイドもキュウレンジャーも見返すことができますよ。

ソフトバンク・ドコモもOK!
登録はこちらから
↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です