仮面ライダービルド第16話(12月24日)の見逃し配信動画を無料で見る方法とネタバレ感想!「兵器のヒーロー」

12月24日放送の仮面ライダービルド第16話のネタバレ感想と見逃し無料動画の紹介です。新展開の第16話をネタバレ感想で振り返り、12月24日の放送を見逃した方には無料動画のサイトを紹介します。メリークリスマス!

スポンサードリンク

仮面ライダービルド第15話(12月17日)の見逃し配信動画を無料で見る方法とネタバレ感想!「桐生戦兎をジャッジしろ!」

12月24日放送の仮面ライダービルド第16話「兵器のヒーロー」

幻徳(演:水上剣星)が石動(演:前川泰之)から聞いた戦兎(演:犬飼貴丈)の正体、それは、悪魔の科学者にしてファウストの創設者、葛城巧だった。

1年前、葛城(演:木山廉彬)は石動にファウストからの離反と真実の公表を表明する。石動は葛城を気絶させると、「新薬のバイト」としてやってきた佐藤太郎(演:犬飼貴丈/二役)を殺害。そして、火星で得た能力で葛城と太郎の顔を入れ替えた。さらに、太郎の顔になった葛城から記憶を奪ったうえで、ネビュラガスを注入していた。

スポンサードリンク

首相の泰山(演:山田明郷)を襲うブラッドスターク。石動の暗躍により、幻徳は再び首相代理の座に返り咲く。

一方、龍我(演:赤楚衛二)は戦兎こそが恋人の命を奪った元凶だと責め立てる。

「これで解決するなんて思ってねぇ。でも、お前を殴らなきゃ俺の気がすまねぇ!」

龍我はクローズに変身。戦兎もビルドに変身するが、あえてベストマッチではないフォームを選び、ほとんど抵抗せずに殴られる。

龍我に本気を出せと迫られ、戦兎はラビットタンクスパークリングにビルドアップ。クローズを倒すが、多くの命をもてあそんだ罪の意識に戦兎は耐えきれずにいた。一方、龍我も記憶のない戦兎を責めきれず、記憶のない戦兎を許せない自分を許せずにいた。

1年間記憶のない不安を抱え、記憶を取り戻したかった戦兎だが、たどり着いた真実は背負いきれるものではなかった。そんな戦兎を美空(演:高田夏帆)は優しく励ます。

「昔がどうあれ、私が見てきた桐生戦兎は、ナルシストで自意識過剰な、正義のヒーローだよ」

そのころ、幻徳は北都と西都の首相を前に、パンドラボックスの争奪戦をたきつけていた。

「誰がこの国のリーダにふさわしいか、決めようじゃないか」

失意のままひとり町をさまよう戦兎だったが、スマッシュが見知らぬガーディアンとともに人々を襲うところに遭遇する。ビルドに変身して戦うも、自分こそがスマッシュを生み出した悪魔の科学者だという罪の意識から本気が出せず、敗れてしまう。

「俺がいなければ、誰も傷つかずにすんだのに……」

そこにクローズが登場。戦兎に思いをぶつける。

「誰かの力になりたくて、戦ってきたんだろ! 誰かを守るために、立ち上がってきたんだろ! それができるのは葛城巧でも、佐藤太郎でもねぇ。桐生戦兎だけだろうが!」

「……サイアクだ。お前に諭されちまうとはな。思い出したよ。俺は、ナルシストで自意識過剰な、正義のヒーローだってな。さ、実験を始めようか」

戦兎は再び仮面ライダービルドに変身すると、クローズとともにスマッシュを撃破する。そこに、幻徳が現れ、北都が宣戦布告してきたことを告げる。

「戦争の始まりだ!」

東都に現れた謎の3人組、そして、金色の仮面ライダー。……東都と北都の戦争が始まる。

(このシーンは戦兎が見た幻です)

出典:https://pbs.twimg.com/media/DRtqIpeUQAEDsmr.jpg

ネタバレ感想① 仮面ライダーごっこからの脱却

スポンサードリンク

桐生戦兎の正体は、顔を変えられ、記憶を奪われた葛城巧だった!

ファウストを創設したのも、ネビュラガスを使った人体実験を行っていたのも、スマッシュを生み出したのも、仮面ライダーを軍事兵器として開発していたのも、すべて戦兎本人。そして、龍我の恋人、香澄を死へと追いやった元凶でもあります。

これまで戦兎は常に誰かの力になるために戦い続けてきましたが、一方でそれは、記憶のない不安からなりたい自分を演じていただけでもありました。石動の言うとおり、単なる仮面ライダーごっこだったのです。

用意された「倒すべき敵」、そして、演技でしかなかった正義。さらに、その倒すべき敵のはずのスマッシュやファウストすらも、実は自分が生み出したものだったというのだから、完全なヒーローごっこです。

自分が誰だかわからないから、なりたい自分を必死で演じて、自我を保つ。

そんな戦兎を励ましたのは、彼が桐生戦兎になってから出会った仲間たちでした。

美空はどんな過去があろうと自分が知っているのは桐生戦兎だけだと言い、龍我は戦兎が信じた正義を貫けるのは、葛城巧ではなく桐生戦兎だけだと訴えかけます。

今回のストーリーは、戦兎がなりたい自分を演じるために戦うのではなく、自分が何者であるかを胸に戦う、その転機となるエピソードなのかもしれません。誰かを救うことで誰かを傷つけた罪が消えるわけでも許されるわけでもない、しかし、「出自がどうであれ、その後の生き方で善にでも悪にでもなれる」、それが仮面ライダーというヒーローです。その出自が悪魔の科学者だったとしても、「桐生戦兎」を信じてくれる仲間がいる限り、桐生戦兎が信じた正義を貫き、桐生戦兎であり続ける。もとは悪魔の科学者だったとしても、その過去や罪と向き合い、それでも正義を信じて立ち向かう「桐生戦兎」という生き方こそが、彼にしかできない彼が彼である証。その生き方は、ヒーローごっこで演じていた中身のない正義ではなく、自身の生み出した罪と戦うという、傷から生まれた正義です。

悪魔が自分だったのだとしても、それでも信じた正義を貫いて己の罪と戦う。自分はほかのだれでもない「桐生戦兎」であるから。『仮面ライダーごっこ』から、本当の仮面ライダーに戦兎は近づいたのかもしれません。

さあ、仮面ライダーを始めようか

出典:https://pbs.twimg.com/media/DRxX265VAAABjXb.jpg

ネタバレ感想② 葛城巧、最期の発明品

ところで、葛城巧は本当に悪魔の科学者だったのでしょうか。

確かに、ファウストを創設し、人体実験や軍事兵器の開発など、科学者として人として、許されないことをしてきました。

ですが、最終的に葛城巧はファウストからの離反を決意し、そのために石動に記憶を消されてしまいます。

しかし、研究データは母親に預けられていました。母親に「信頼できない人間がデータを取りに着たらダミーの情報を渡してほしい」と頼んでいたということは、データが信頼できる人間の手に渡ることを望んでいたようにも思えます。

事実、残されていたデータには「スクラッシュ」の開発を閲覧者に託すようなメッセージもありました。

おそらく、葛城巧は誰かがファウストを止めてくれることを願って、研究データを隠したのでしょう。しかし、運命のいたずらか、そのデータを手にしファウストと戦うことになったのは、記憶を失った葛城自身でした。

桐生戦兎は、葛城巧がファウストと戦うために、自身の罪と戦うために作りだした、最期の発明品なのかもしれません。

ネタバレ感想③ そして、戦争が始まる……。

北都から東都への宣戦布告。そして、送り込まれた兵士たち。現実の日本とはかなり異なるけれど、それでも限りなく現実の日本に近いこの世界で、ついに戦争がはじまります。

氷室幻徳は三国が分断され、争う理由はスカイウォールができたからではなく、パンドラボックスに引き出された醜い欲望が原因だと語りました。

恐ろしいのは、幻徳が、自分も欲望を引き出された人間であることを理解しているということ。理解していてその欲望に身を任せているのか、それとも、「東都を他国から守る」という使命感がパンドラボックスによって引き出された攻撃性によって「責められる前に他国をつぶす」に変化してしまったのか、いずれにしても、幻徳が自身の凶暴性を理解しながら動いているのだとしたら、より恐ろしいことです。

恐ろしいと言えばブラッドスタークこと石動惣一。葛城巧の死を偽装するために、無関係な佐藤太郎を殺し、無関係な万丈龍我に罪を着せるなど、ネットでは「マスター、本気の悪人だった」と騒然としています。

彼もまた火星に行って不思議な力を手に入れた一方、性格が豹変してしまったと言われています。

しかも、一番恐ろしいのが……、自分が殺した男と同じ顔をしている戦兎と、何食わぬ顔で1年間一緒に過ごしていた、ということではないでしょうか。

そう、始まっていたのです。

出典:https://pbs.twimg.com/media/DRxYq6UVwAA9KxL.jpg

感想のまとめ

年内最後の放送は、戦兎が仮面ライダーごっこから脱却すると同時に、東都と北都の戦争が勃発するなど、転機となった回でした(毎週、何らかの転機のような気もするけど)。

次回 第17話「ライダーウォーズ開戦」

仮面ライダーグリスの正体は……、とその前に、クローズがパワーアップ!

映画にはグリスも登場してた!?

2017年の映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL』のレポート&感想

仮面ライダーエグゼイド動画の見逃し配信を無料で見る方法

仮面ライダーエグゼイドの見逃し配信は、「auビデオパス」で見ることができます!

Hulu dTV U-NEXT Netflixでも見れないのに、auが本気を出してきて見れるんです!!しかも、戦隊シリーズは全部見れるので、「キュウレンジャー」見逃し配信も無料で見ることができます。30日間無料で見れるので、ゆっくりエグゼイドもキュウレンジャーも見返すことができますよ。

ソフトバンク・ドコモもOK!
登録はこちらから
↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です