仮面ライダービルド第15話(12月17日)の見逃し配信動画を無料で見る方法とネタバレ感想!「桐生戦兎をジャッジしろ!」

12月17日放送の仮面ライダービルド第15話「桐生戦兎をジャッジしろ!」のネタバレ感想と見逃し無料動画の紹介です。仮面ライダービルド第15話をあらすじとネタバレ感想で振り、12月17日の放送を見逃した方には無料動画を紹介します。

スポンサードリンク

2017年の映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL』のレポート&感想

仮面ライダービルド第15話(12月17日放送)「桐生戦兎をジャッジしろ!」のあらすじ

幻徳(演:水上剣星)率いる政府の部隊がパンドラボックスを奪いにnascitaへ踏み込んだ。だが、戦兎(演:犬飼貴丈)たちはすでにパンドラボックスとともに脱出した後だった。

龍我(演:赤楚衛二)の冤罪を晴らすためには、政府の陰謀を暴くしかない。戦兎は幻徳を呼び出し、幻徳がナイトローグであることを知っていることを告げる。幻徳は戦兎に「あれ」を作らせるまでは正体を伏せておきたかったと話す。

「全ては、戦争に勝つために」

そこに逆上した龍我が幻徳に襲いかかる。

スポンサードリンク

幻徳はナイトローグに蒸血し、龍我は仮面ライダークローズに変身するが、クローズは敗れてしまう。戦兎は仮面ライダービルド ライオンコミックフォームに変身し、龍我を連れて逃亡する。

幻徳から聞き出した「スクラッシュ」という単語を葛城巧(演:木山廉彬)の研究データに入力すると、葛城の動画が現れた。それを完成させればパンドラボックスを守れると考えた戦兎は興奮し、葛城の研究データを解析し始める。

解析が完了したところで、電話が。電話の主はなんと東都首相の氷室泰山(演:山田明郷)。パンドラボックスを持つ戦兎たちに面会を求めてくるが、すべては幻徳、そして石動(演:前川泰之)の仕組んだ罠だった。

医師に変装して泰山への面会へ向かう戦兎と龍我。だが、首相の警護がいないことに気づいた戦兎が撤退しようとするが、すでにガーディアンに囲まれていた。二人はライダーに変身し脱出する。

戦兎と龍我がいない隙を狙ってアジトへと戻った石動は、戦兎が解析したデータをコピーする。そこに美空(演:高田夏帆)が現れる。

どんな真実でも受け止める覚悟で石動が何をしていたのか問いただす美空だったが、石動はコーヒー豆の栽培をしていたと言ってごまかす。美空は石動とちゃんと家族として過ごせたこの1年の思い出を語る。

「これが何があっても、あたしにとってはずっと、宝物なんだろうなぁって」

アジトを去る石動を見送る美空。美空は真実を語らない石動が戻ることはないと悟り、涙を流す。

石動が打ち合わせに反し、病院でパンドラ僕洲を奪わなかったことに激怒する幻徳。石動はそのお詫びとして、戦兎の正体を幻徳に明かす。

美空から石動が現れたことを知る戦兎と龍我。そこに幻徳がガーディアンを連れてパンドラボックスを奪還しに来る。

ライダーに変身してガーディアンたちを蹴散らす二人。幻徳はローグに蒸血すると、政府の人間をスマッシュに変える。

クローズはスマッシュと戦い、ビルドはローグと戦う。戦兎の正体を知ったローグは「お前のいるべき場所はここではない」と語りかける。

「パンドラボックスの力を得て、俺はこの国の頂点に立つ! お前もそれを望んでいたはずだ!」

追い詰められるビルドだったが、ラビットタンクスパークリングにビルドアップして形勢を逆転させ、ついにナイトローグを倒す。

そこに現れたのは、幻徳がファウストであることを知った泰山だった。泰山は事情を知らなかったとはいえ騙そうとしたことを戦兎たちに謝り、幻徳を連行する。

連行される幻徳に戦兎が問いかける。幻徳はいったい戦兎の何を知っているのか。戦兎に問われた幻徳は、衝撃の真実を告げる。

「葛城巧は生きている、姿を変えて。……お前だよ、桐生戦兎。お前が悪魔の科学者、葛城巧だ!」

病院に潜入する二人。『仮面ライダーエグゼイド』ではありません。

出典:http://www.toei.co.jp/tv/build/story/__icsFiles/afieldfile/2017/12/08/5.jpg

ネタバレ感想① 桐生戦兎の正体は、葛城巧だった!

 

スポンサードリンク

ビルド最大の謎だった戦兎の正体がついに明かされました。その正体は、姿を変えた悪魔の科学者、葛城巧だった!

とはいえ、ローグやスタークの正体同様、予想していたファンはかなり多かったですし、『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL」でも戦兎と葛城匠が同一人物であることが示唆されていました。

ネットを見てみた印象では、今回、戦兎の正体が葛城巧だったと知って驚いた人が3分の1、うすうす気づいていた人が3分の1、確信していた人が3分の1、といったところでしょうか。

ある程度予想できていたにもかかわらず、それでも仮面ライダービルドが面白いのは、「戦兎の正体は悪魔の科学者・葛城巧だった!」や「ブラッドスタークの正体は石動惣一だった」という事実が戦兎のアイデンティティを大きく揺るがし、戦兎を苦悩させるに違いないからでしょう。映画の中では戦兎が「LOVE&PEACEのために戦う」と恥ずかしげもなく言っていますが、そういった「正義のヒーロー・桐生戦兎」の姿も、この12月の展開で彼のアイデンティ亭lを突き崩すために描いてきたものなのかもしれません。そして、戦兎はどうやってそれを乗り越えるのか。

謎解きそのものは予想できても、それを乗り越えた先に戦兎や龍我が何を思うかは予想できません。だから、ビルドは続きが気になるのです。

そして、今ネットで話題になっているのが「佐藤太郎はどこへ行った?」。戦兎が姿を変えた葛城なのだとしたら、龍我が見つけた死体とは……?

戦兎こそが悪魔の科学者だった!?

出典:http://www.toei.co.jp/tv/build/story/__icsFiles/afieldfile/2017/12/08/1.jpg

ネタバレ感想② 幻徳と石動

ホテルおじさん、失脚! ざまぁ!

今回、戦兎の正体よりもむしろ気になったのは、「氷室幻徳は桐生戦兎の正体を知らなかった」ということです。石動惣一に教えてもらうまで、幻徳はそのことを知りませんでした。

戦兎の記憶の中にナイトローグが出てきますが、どうやらそれは記憶を失う寸前のものではなかったのかもしれません。戦兎=葛城巧なら、ナイトローグの姿を目にする機会はたくさんあったはずですから。

戦兎の正体を知っていたのはブラッドスタークこと石動惣一。記憶喪失の戦兎を保護して名前と居場所を与え、美空にボトルを作らせるために正義のヒーロー、仮面ライダービルドを演じさせていたのは、ファウストの思惑とは別に、石動の独断だった、ということが読み取れます。

ファウストの目的は軍事兵器・仮面ライダーを完成させて、戦争に勝利し、北都と西都を従えること。しかし、石動惣一はそれとは違った目的を持っているのかもしれません。

真の黒幕はどっちだ?

出典:http://www.toei.co.jp/tv/build/story/__icsFiles/afieldfile/2017/12/08/3.jpg

感想のまとめ

ファウストを組織し、スマッシュを生み出し、その結果、龍我の恋人を死なせた。すべての元凶葛城巧は戦兎だった。この受け入れがたい信じるに、戦兎はどう立ち向かうのでしょうか。

次回 第16話「兵器のヒーロー」

新たな仮面ライダーの影が!

次回、どちらかが登場します

今日の放送後、なぜかこのエピソードが話題になっています。

仮面ライダーエグゼイド第18話「暴かれしtruth!」の感想!

仮面ライダーエグゼイド動画の見逃し配信を無料で見る方法

仮面ライダーエグゼイドの見逃し配信は、「auビデオパス」で見ることができます!

Hulu dTV U-NEXT Netflixでも見れないのに、auが本気を出してきて見れるんです!!しかも、戦隊シリーズは全部見れるので、「キュウレンジャー」見逃し配信も無料で見ることができます。30日間無料で見れるので、ゆっくりエグゼイドもキュウレンジャーも見返すことができますよ。

ソフトバンク・ドコモもOK!
登録はこちらから
↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です