仮面ライダーゴースト第45話のあらすじとネタバレ感想!

仮面ライダー第45話「戦慄!消えゆく世界!」のあらすじとネタバレ感想です。第45話ではついにデミアとつながり、世界とつながったアデル。タケルたちはアデルを止めることができるのか。そして、クライマックスではタケルがとんでもないことに? 戦慄の第45話のあらすじと感想をおさらいしましょう。ネタバレ注意!

スポンサードリンク

仮面ライダーゴースト 第45話「戦慄!消えゆく世界!」のあらすじ

グレート・アイに続き、デミアともつながったアデル(演:真山明広)。多くの魂を取り込んだアデルに対し、タケル(演:西銘駿)は魂を開放するように説得する。しかし、アデルはタケルに、自分と一つになれば、肉体のないタケルも消滅せずに済むと提案する。交錯するタケルとアデル。その時、互いの家族の記憶が交錯する。

スポンサードリンク

アデルが消えた後、タケルは再びデミアとつながろうとする。しかし、ガンマイザーに干渉されてしまった。ガンマイザーはタケルをデータ扱いし、自分たちの更なる進化のために必要とみなす。ガンマイザーを退けたタケルだったが、急に頭の中に他人の感情が大量に流れ込み、困惑を隠せない。

そのころ、マコト(演:山本涼介)は仮面ライダーディープスペクターに変身。ディープスペクター眼魂の力でガンマイザーに干渉しようとするが、そこに偽物のマコトが登場。偽物もディープスペクターへと変身し、マコトと戦うも姿を消してしまう。戦っても消滅しない偽物に、マコトはこれまでにはない違和感を感じる。

気分転換にアカリ(演:大沢ひかる)と散歩に出たタケル。「必ず生き返る」と約束していると、そこに再びガンマイザーが襲来。マコトやアラン(演:磯村勇斗)の協力しガンマイザーを撃破する。

戦いを終え、晴れやかな顔で新たな決意を告げようとしたタケル。だが、その刹那、タケルの姿が消えてしまった。驚愕する仲間たちは必死でタケルを探す。タケルは「俺はここにいる!」と叫ぶも、その姿は見えず、声も仲間たちに聞こえない。いったい、タケルの身になにが起きてしまったのか……。

第45話のネタバレ感想① タケルはどこへ向かうのか

スポンサードリンク

タケルに残された時間はあと4日。命の刻限が迫る中、タケルがもしかしたら人間を超えた存在に近づいているのではないか、そんなことを疑わせるシーンがいくつか出てきています。

まず、ムゲン魂の必殺技の名前が「ゴッドオメガトライブ ムゲン」。技名に「ゴッド」が入っています。ムゲン魂自体の姿も、白銀の神々しいものとなっていて、どことなく神に近い存在を彷彿とさせます。

また、劇中でも随所で、タケルが人間を超えつつあるようなことが言及されています。タケル自身も、自身が単なるゴーストを超えた力を身に着けていることに対して不安を感じています。

日本では古来より、亡くなってある程度の時間がたった霊は神として祀られてきました。タケルも194日もの間ゴーストでいることで、人間を超えた存在となってしまっているのでしょうか。

一方で、この第45話では、ガンマイザーやイゴールはタケルをガンマイザーやデミアに有効なデータのように扱っています。その中で、「俺は人間だ!」と叫ぶタケルは、仮面ライダーの持つ「人間でなくなる哀しみ」を背負っているようにも映りました。

タケルは、人として生き返られるのか、それとも、人間を超えた存在になってしまうのか。

過去数年の仮面ライダーを見ると、人間ではない存在となった登場人物の多くが、最終回を迎え、死んでしまったり、人間社会を立ち去る結果となっています。人間を越えてきつつあるタケルに、帰る場所はあるのでしょうか。

「必ず生き返る」とアカリに約束するタケル。この光景は劇場版でも見られる。はたして、約束の結末は……。

出典:http://livedoor.blogimg.jp/henshinhero/imgs/2/e/2e5bb6b0.jpg

第45話のネタバレ感想② アデルはどこで間違ってしまったのか

自身か世界となることを宣言し、ついにデミアとつながったアデル。演じた真山明広さんも台本を見て、あまりに奇想天外な発想に驚愕したそうです。

自身が世界になるということ。それは、世界中の人間の魂とつながり、アデル自身の手で管理するということ。それこそがアデルの追い求めた「完璧な世界」。

確かに、人が死ぬこともなく、争うこともありませんが、自由もない。こんな状態を、はたして人間と呼べるのか。

一体、どうしてアデルはこのような考えを持つようになってしまったのでしょうか。

もしかしたら、仮面ライダーゴーストのテーマの一つである「つながり」がカギを握るのかもしれません。

アデルの父・アドニス(演:勝野洋)はアデルたちの母・アリシア(演:かでなれおん)や長男アルゴス(演:木村了)を亡くしたことにより、まるでとりつかれたかのように人の死なない世界を作ることに執心し、残ったアデルたちと心を通わすことがなくなりました。これこそが、後にアドニスがアランに伝えた「理想に心を殺される」ということだったのかもしれません。

アドニスは、父とのつながりを求めていたのではないでしょうか。だから、父に近づきたくて、父の求める「完璧な世界」を求めるようになった。そして、理想に心を殺され、何のために完璧な世界を求めていたかすら忘れ、暴走してしまったのではないでしょうか。

一方で、アリア(演:かでなれおん 二役)から母の話をされたときは、「母の話はするな!」と感情的になっています。アデルたちの母、アリシアが、アデルを理解するためのカギなのかもしれません。

5000万人もの人間の魂とつながるアデル。

出典:http://livedoor.blogimg.jp/nuchan2/imgs/e/7/e7f75cdc.jpg

第45話のネタバレ感想③ マコトの偽物は今までとはどう違うのか

これまで、幾度にわたりマコトに戦いを挑んできたマコトの偽物。ディープスペクター眼魂と何か関係があること、アデルが作ったこと以外、ほとんど何もわかっていません。しかし、今回の偽マコトは、それまでの偽マコトとは違っていました。

まず、これまでは普通のスペクター眼魂を使っていた偽マコトですが、今回はディープスペクター眼魂を使用して、ディープスペクターへと変身しています。おかげで、ややこしさが増しました。

しかも、これまでは必殺技を浴びれば消滅していた偽マコトですが、今回は消えることなくその場を立ち去っています。

そして、偽マコトの魔の手はカノン(演:工藤美桜)へ。しかし、偽マコトはカノンに何かを察し、その場を去っています。偽マコトにも、カノンを妹として愛する感情があるのか、それとも、グレート・アイの力で肉体を取り戻したカノンに何かを感じたのか。最終回を目前として、謎は増える一方です。

ついに、ディープスペクターに変身できるようになった偽マコト

出典:http://www.toei.co.jp/tv/ghost/story/__icsFiles/afieldfile/2016/08/10/4_2.jpg

仮面ライダーゴースト 第45話のまとめ

仮面ライダーゴーストに残された話数は残り5話! しかし、ここにきて消えたタケルや、アデルの顔に変わりつつあるイゴール(演:山本浩司)、偽マコトなど、新たな謎が出てきています。

次回 仮面ライダーゴースト 第46話「決闘!剣豪からの言葉!」

姿が見えなくなってしまったタケルの前に、人間の姿をした宮本武蔵が現れます。武蔵はタケルに何を伝えるのか。次回も、バッチリミナー!

仮面ライダーエグゼイド動画の見逃し配信を無料で見る方法

 

仮面ライダーエグゼイドの見逃し配信は、「auビデオパス」で見ることができます!

Hulu dTV U-NEXT Netflixでも見れないのに、auが本気を出してきて見れるんです!!しかも、戦隊シリーズは全部見れるので、「キュウレンジャー」見逃し配信も無料で見ることができます。30日間無料で見れるので、ゆっくりエグゼイドもキュウレンジャーも見返すことができますよ。

ソフトバンク・ドコモもOK!
登録はこちらから
↓↓↓

kamenrider

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です