仮面ライダーエグゼイド37話(7月2日)の見逃し配信動画を無料で見る方法とネタバレ感想!「White knightの覚悟!」

7月2日放送の仮面ライダーエグゼイド37話「White knightの覚悟!」のネタバレ感想と見逃し無料動画の紹介です。衝撃のラストを迎えた37話をネタバレ感想で振り返りつつ、見逃した方には無料動画のページを紹介します。7月2日更新!

スポンサードリンク

仮面ライダーエグゼイド36話(6月25日)の見逃し配信動画を無料で見る方法とネタバレ感想!「完全無敵のGAMER!」

仮面ライダーエグゼイド 第37話「White knightの覚悟!」のあらすじ

「エグゼイドを絶版にしろぉ!」

小姫(演:中川可菜)のデータを人質に飛彩(演:瀬戸利樹)に要求する政宗(演:貴水博之)。ドクターとして人の命を奪うことなどできない飛彩に対し政宗は、永夢(演:飯島寛騎)を殺すのではなく、パラド(演:甲斐翔真)を消すことでエグゼイドへの変身能力を奪うように指示する。

患者のゲーム病を治すためカイデンバグスターに挑む永夢。だが、そこにパラドクスが現れる。永夢に協力した見返りとして、約束であった決着をつけに来たのだ。

スポンサードリンク

だが、飛彩が現れてパラドクスに宣戦布告。飛彩はタドルレガシーがシャットを起動させると、仮面ライダーブレイブ レガシーゲーマー レベル100に変身する。

ムテキゲーマーの力でカイデンを倒したエグゼイド。一方、パラドクスはブレイブによってゲームオーバー寸前までに追い込まれる。

そこに様子を見ていたニコ(演:黒崎レイナ)が、自分がとどめを刺すと割って入る。さらに大我(演:松本亨恭)も割り込み、その隙にパラドクスは逃げる。

ポッピーピポパポ(演:松田るか)と姫利矢(演:小野塚勇人)は回収したプロトガシャットの中で、消滅した人たちのデータを調べていた。しかし、ロックがかかっていて修復できる状態にはなかったという。消滅した人のロックを外すには、政宗が持っているオリジナル版の「仮面ライダークロニクル」ガシャットが必要らしい。

小姫との思い出の地で感傷にひたる飛彩のもとへ、パラドとグラファイト(演:町井祥真)が現れる。飛彩は仮面ライダーブレイブに変身して戦いを挑むが、そこにスナイプも参戦。ブレイブVSパラドクス、スナイプVSグラファイトの構図になる。

政宗のもとに現れた永夢、貴利矢、明日那(演:松田るか/二役)。政宗のガシャットを奪ため、それぞれ、エグゼイド、レーザーターボ、ポッピーに変身してクロノスと戦う。ポッピーはエグゼイドにムテキの力がある限りクロノスに勝ち目はないと言い張るが、クロノスはブレイブがパラドクスを倒せばエグゼイドは変身能力そのものを失うことを告げる。パラドクスを守るため、急いでパラドクスのもとへ向かう3人。

一方、グラファイトは圧倒的な力でスナイプを変身解除に追い込む。だが、生身でなお食い下がる大我。大我は飛彩に、飛彩が見ているのは過去ではなく恋人との未来だけ見ろと叫ぶ。

そんな大我にとどめを刺すグラファイト。数メートル吹き飛ばされた大我は、血のあぶくを吐いて倒れこむ。瀕死の大我に困惑するニコ。そこに永夢たちが駆けつけ、応急処置を試みる。明日那によると、内出血から内臓に損傷があるかもしれないとのこと。

だが、大我は「自分の体は自分が一番わかってる」と言い、まるで言い残すかのように呟く。

「無様だな……。結局、俺は、グラファイトには勝てなかった……」

「やめてよ……、過去形とか、マジで……」

「わるいな。お前のこと、診てられなくて……」

そのまま意識を失う大我。困惑しつつも、背を向けて歩き出す飛彩。夕焼けには、ニコの悲痛な叫びだけが、夕焼けを血で染めるかのように響いていた……。

パラドクスを圧倒するブレイブ。レベルは1しか違わないはずだが……。

出典:https://pbs.twimg.com/media/DDsz2kJV0AAkTb3.jpg

感想① White knightは誰か?

スポンサードリンク

今回のタイトルは「White knightの覚悟!」。ブレイブのレガシーゲーマーが白を基調としていることから、予告からは飛彩の覚悟のように思いましたが、実際は違いました。

小姫を助けるため、パラドクスに挑む飛彩。ただ、パラドクスとはこれまでも敵対関係にあり、パラドクスと戦うのに、今更覚悟が必要だとは思えません。永夢を本気で殺す、とならば話は別ですが、今回はそういう話ではありませんでした。

どう考えても、覚悟を決めていたのは、変身を解除してなお、生身でグラファイトに戦いを挑んだ大我の方。

「お前をぶっ潰すまでは、倒れるわけにはいかねぇんだよ!」

そう考えると、White knightは飛彩ではなく、大我の方だったことがわかります。

White knight。すなわち、白衣のドクター。

医師免許をはく奪され、永夢や飛彩の医療行為を「お医者さんごっこ」と嘲笑していた大我。

しかし、今回、テレビ本編に5円前のまだ髪が黒かったころの大我が登場しました。患者の小姫に優しく笑いかける姿は、まるで今の永夢を見ているよう。

大我が一番「お医者さんごっこだ」とバカにしたかったのは、かつての自分の姿だったのかもしれません。

そんな大我が、過去に囚われるのではなく、過去と向き合って、もう一度「お医者さんごっこ」に向き合うこと、それが「White knightの覚悟」ではないでしょうか。

5年前の大我

出典:https://pbs.twimg.com/media/DDr2LSzVoAAlqyc.jpg

感想② ラスボスは誰か

エグゼイドも残り3か月。残り最大で12話です。早いですね。そろそろ気になってくるのが、「ラスボスは誰か」。

今回、改めて取りざたされたのが「パラドがいなくなれば、永夢はエグゼイドにはなれない」。

つまり、「仮面ライダーエグゼイド」を最後まで登場させるには、パラドの存在が必要なのです。

ということは、やはりラスボスはパラドなのか?

しかし、グラファイトの中でゲムデウスのウイルスが培養されていることを考えると、ゲムデウスこそが物語のラスボスである可能性も考えられます。

ゲムデウスがラスボスだった場合でも、パラドがいないと永夢は変身できないので、その場合、パラドはエグゼイドと共闘する、という可能性もあります(実際、夏の劇場版ではそのような展開であることが示唆されています)。

ラスボスはいったい誰なのでしょうか。そして、パラドと永夢は、どのような決着をつけるのでしょうか。

はたして、パラドはラスボスなのか……?

出典:https://pbs.twimg.com/media/DDsKpfcUQAE7hkW.jpg

感想のまとめ

とりあえず多くの視聴者が危惧していた「大我退場」は避けられましたが、来週はまだまだどうなるかわかりません。

次回 第38話「涙のperiod」

渋滞のまま搬送された大我。心臓が損傷しており、執刀医として飛彩が呼び出される。だが、政宗は「手術の失敗」を要求していた。

手術を成功させれば小姫のデータが抹消される。しかし、わざと手術を失敗するのは小姫の望む「世界で一番のドクター」なのだろうか……。

大我とニコの感動のエピソードはこちら!

仮面ライダーエグゼイド第27話のネタバレ感想!

仮面ライダーエグゼイド動画の見逃し配信を無料で見る方法

仮面ライダーエグゼイドの見逃し配信は、「auビデオパス」で見ることができます!

Hulu dTV U-NEXT Netflixでも見れないのに、auが本気を出してきて見れるんです!!しかも、戦隊シリーズは全部見れるので、「キュウレンジャー」見逃し配信も無料で見ることができます。30日間無料で見れるので、ゆっくりエグゼイドもキュウレンジャーも見返すことができますよ。

ソフトバンク・ドコモもOK!
登録はこちらから
↓↓↓

kamenrider

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です