仮面ライダーエグゼイド第9話のあらすじとネタバレ感想!

仮面ライダーエグゼイド第9話「Dragonをぶっとばせ!」のあらすじとネタバレ感想です。「ドラゴンハンターナイトZ」によるレベル5が登場した第9話。しかし、登場したのは新フォームだけではなく、新たな謎でした。第9話にして謎が謎呼ぶ仮面ライダーエグゼイドを、あらすじとネタバレ感想で振り返っていきましょう。

スポンサードリンク

仮面ライダーエグゼイド第9話「Dragonをぶっとばせ!」

永夢(演:飯島寛騎)の命の恩人であり、CRの設立者である日向恭太郎(演:野村宏伸)がCRにやってくる。恭太郎との再会を喜ぶ永夢。

だが、グラファイト(演:町井祥真)の手により、恭太郎がバグスターに感染してしまった。

今度は自分が恭太郎を救うと決意を固める永夢。だが、飛彩(演:瀬戸利樹)はバグスターを倒すため、ガシャットを起動させて恭太郎の中のバグスターを活性化させる。

スポンサードリンク

永夢と飛彩はそれぞれエグゼイドとブレイブに変身するが、いつもとは違う龍型のバグスターにてこずり、ダークグラファイトにパワーアップしたグラファイトの介入もあり、逃がしてしまう。

恩人である恭太郎を救いたいと焦る永夢。飛彩は私情を挟むなと忠告するが、永夢は飛彩のグラファイトへの復讐こそ私情ではないかと反論する。

そこに、黎斗(演:岩永徹也)が現れる。彼は「ドラゴンナイトハンターZ」のガシャットを持ってきた。永夢は自分が恭太郎を治療するとガシャットを手に取る。

飛彩は父親の灰馬(演:博多華丸)に永夢が仮面ライダーになるための適合手術を知らなかったという疑問をぶつける。灰馬によると、永夢は適合手術を受けていないらしい。

そのころ、貴利矢(演:小野塚勇人)は永夢の病歴を調べていた。永夢が過去に手術を受けたのは16年前の1回だけ。執刀医は、日向恭太郎。

その恭太郎に問診する永夢。恭太郎はこれまで、バグスターの情報を世間から隠すことに尽力してきた。彼にストレスがあるとすれば、それは世間にバグスターの存在が知れてしまうこと。グラファイトの狙いはバグスターの感染拡大とにらんだ永夢は走り出す。

グラファイトがウイルスをばらまき、次々と倒れる人々。永夢は仮面ライダーエグゼイドに変身してグラファイトに立ち向かうが、グラファイトは竜のバグスターを呼び出す。さらにブレイブ、スナイプも乱入する。グラファイトに固執するブレイブと、永夢の「ドラゴンナイトハンターZ」を狙うスナイプ。エグゼイドは一度はスナイプにガシャットを奪われるも、力ずくで取り返すと、さらにブレイブのガシャコンソードを強奪。氷の道を作りバグスターを撃破。

そのころ、貴利矢は恭太郎のところにいた。ある疑問を確かめるために。

「あんたほんとに、宝生永夢の命の恩人?」

一方、グラファイトに狙いを定めたエグゼイドは、「ドラゴンナイトハンターZ」で「ハンターアクションゲーマー レベル5」へとレベルアップするが、制御できずに大暴走! グラファイトにダメージを与えるも、変身を解除してしまった……。

「ドラゴンナイトハンターZ」のガシャットを構えるエグゼイド

https://pbs.twimg.com/media/CytvIqHUQAAIM9G.jpg

仮面ライダーエグゼイド第9話のネタバレ感想① ついに登場、レベル5!

スポンサードリンク

ついに、なぜかレベル4を飛ばしてレベル5が登場しました。使うガシャットは「ドラゴンナイトハンターZ」。狩猟ゲームのガシャットです。これを使うことでエグゼイドは「ハンターアクションゲーマー レベル5」へとレベルアップしました。

その姿は、まるで竜の鎧を身にまとったよう。

しかし、エグゼイドはレベル5の力を制御できず、暴走した挙句、変身を解除してしまいました。

どうやら、このガシャットを使いこなすには、1人ではなく4人協力プレイが必要らしいのです。

しかし、永夢を見下し大我を恨む飛彩、ガシャット奪い合いに明け暮れる大我、信用を完全に失った貴利矢。そして、恭太郎の身を案じるあまり、一人で先走ってしまった永夢。

果たして、この4人で協力プレイなどできるのでしょうか?

この動画を見る限り、無理そうな気が……。

とても動きづらそうなエグゼイドレベル5

http://www.toei.co.jp/tv/ex-aid/story/__icsFiles/afieldfile/2016/11/25/top_1.jpg

仮面ライダーエグゼイド第9話のネタバレ感想② 適合手術の謎

今回は適合手術の謎に迫っていく回でした。

仮面ライダーになるには適合手術が必要です。その適合手術とは、微量のバグスターウイルスを投与することにより、体に抗体を作るということ。いわゆる、ワクチンということ。

しかし、永夢はこの手術を受けていないのです。いきなりゲーマドライバーを使い、変身できたのです。

ということは、永夢はあらかじめバグスターウイルスを持っていたのか?

ならば、永夢の経歴のどこかでバグスターに感染するタイミングがあったはず。永夢を調べていた貴利矢が行きついたのが、16年前の手術でした。

16年前、交通事故で重傷を負った永夢。当時8歳の彼を治療したのが、のちにCRの設立者となる恭太郎でした。

しかし、16年前にバグスターは存在しなかったはず。いったい、どういうことなのか?

仮面ライダーエグゼイドのネタバレ感想③ 永夢の危うさ

変身してゲーマーモードになると性格が変わる永夢。しかし、時として周りが見えなくなる危うさを秘めています。

今回も、ブレイブのガシャコンソードを強奪したり、一人でレベル5を使いこなそうとして暴走したり、かなり危うい面が出てきてしまいました。

以前にも、ライダー同士が争うのを止めようとしていたのにもかかわらず、ゲンムに「攻略して見ろ」とたきつけられたとたんに、好戦的な性格に変わりました。

このような性格は、永夢固有のものなのか、それとも、永夢が適合手術を受けていないことに関係があるのか……。いずれにしても、この危うさがこれからの鍵なのかもしれません。

本人も知らない謎を秘めた主人公、宝生永夢

http://livedoor.blogimg.jp/nextnever1/imgs/3/d/3de77188.jpg

仮面ライダーエグゼイド第9話「Dragonをぶっとばせ!」のまとめ

永夢と16年前の手術を巡る謎にクローズアップされた第9話。果たして、永夢たちは力を合わせて戦うことができるのか? そして、永夢に隠された信じるとは?

次回 第10話「ふぞろいのDoctors!」

果たして、永夢たちは協力プレイができるのか?

仮面ライダーエグゼイド動画の見逃し配信を無料で見る方法

仮面ライダーエグゼイドの見逃し配信は、「auビデオパス」で見ることができます!

Hulu dTV U-NEXT Netflixでも見れないのに、auが本気を出してきて見れるんです!!しかも、戦隊シリーズは全部見れるので、「キュウレンジャー」見逃し配信も無料で見ることができます。30日間無料で見れるので、ゆっくりエグゼイドもキュウレンジャーも見返すことができますよ。

ソフトバンク・ドコモもOK!
登録はこちらから
↓↓↓

kamenrider

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です