仮面ライダーエグゼイド第26話「生存賭けたplayers」感想

仮面ライダーエグゼイド第26話「生存賭けたplayers」のあらすじとネタバレ感想です。仮面ライダークロニクルが始まり、一般人が消滅してしまった前回。第26話ではポッピーピポパポが仮面ライダーポッピーに変身します!激熱の第26話をあらすじとネタバレ感想で振り返っていきましょう。

スポンサードリンク

ネタバレ情報!仮面ライダーエグゼイドに異例の女性ライダー登場!

仮面ライダーエグゼイド第26話「生存を賭けたplayers」

全国規模で人気となった仮面ライダークロニクル。しかし、ガシャットを起動するとバグスターウイルスに感染し、ゲームオーバーになると消滅してしまうため、衛生省はガシャットの回収と使用禁止を決める。一方、CRに対しては待機命令が出された。

それを聞いたテンマ(演:西井幸人)は、自分の体は自分で治すと飛び出してしまう。

スポンサードリンク

永夢(演:飯島寛騎)が後を追うと、テンマがライドプレイヤーに変身してソルティと戦っていた。永夢は仮面ライダーエグゼイドに変身してテンマを止めようとするが、逆にアイテムをよこせと襲いかかってくるテンマ。

そこにポッピーピポパポが現れる。ポッピー曰く、レアキャラである仮面ライダーが戦わず、ライドプレイヤーを助けようとするのはルール違反らしい。

「ピプぺポペナルティ。退場」

ポッピーはバグルドライバーⅡ「ときめきクライシス」ガシャット仮面ライダーポッピーに変身し、エグゼイドに襲いかかる。エグゼイドはポッピーとは戦いたくないと言っても聞く様子がない。

そこにスナイプが現れ、ポッピーに攻撃するも、キメワザを食らって二人とも変身解除してしまう。

永夢はポッピーを説得しようとするも全く通じない。そこにパラド(演:甲斐翔真)が現れ、ポッピーの記憶をリセットしたので説得は無駄だと告げる。

「お前たち人間が望んだんだ。娯楽のためにゲームが生まれ、人間のストレス発散のために敵キャラという存在が生まれた。つまり、バグスターが人間の命を脅かすのは、お前たち人間がそうさせたんだ。でも、俺たちは人間たちの駒じゃない。この世界に生まれた命だ。これは俺たちとおまえたちの生存を賭けたゲームなのさ」

衛生省が記者会見の準備を進める中、テンマは「CRは当てにならない」「ゲームオーバーになったら消滅する」などの書き込みで仲間を募る。

CRに戻った永夢を飛彩(演:瀬戸利樹)が叱責する。CRに待機命令が出たのは、レアキャラ扱いされている仮面ライダーが現場へ行っても、かえって患者たちの射幸心を煽るだけだからだった。

患者を助けようとしても信用されず、かえって襲い掛かってくる。こんな状況ではまともなオペなどできないという飛彩に対し、永夢は「それでも僕は患者を救う」と出ていく。飛彩は医師免許を持っていればドクターと呼べるのか、ドクターの資格とは何かと自問する。

衛生省で記者会見が始まり、日向審議官(演:野村宏伸)が仮面ライダークロニクルのガシャット回収を訴えるも、記者たちからは質問が相次ぐ。そこに、CRのドクター2人が出動したとの知らせが入る。

テンマは仲間を集めてソルティに挑むもまるで歯が立たない。パラドクスも現れ、とどめを刺されそうになった時、永夢が駆けつける。天馬はお前らに期待していないと言い放つが、永夢は「わかってますよそんなこと」と返す。

全国で行われている仮面ライダークロニクル。永夢に救える人数なんてたかが知れている。

「それでも、一つでも多くの命を救いたい! 一つでも多くの笑顔を取り戻したい!」

飛彩、大我(演:松本亨恭)も駆け付け、エグゼイド、ブレイブ、スナイプに変身。ブレイブはソルティを、スナイプはアランブラを撃破し、エグゼイドはパラドクスを撤退させる。

一方、日向審議官もCRの優秀なドクターを信じてほしいと声を張り上げる。

テンマたちのゲーム病は治った。永夢はガシャットを預からせてほしいと頼み、テンマたちは差し出すとともに、CRを信じようと拡散することを約束するのだった。

ゲームキャラの逆襲が始まった

出典:http://www.toei.co.jp/tv/ex-aid/story/__icsFiles/afieldfile/2017/03/31/2.jpg

感想① ポッピーピポパポの真実

スポンサードリンク

敵として現れたポッピーピポパポ。永夢は説得を試みるが、全く聞く耳を持ちません。

パラドによると、これまでのポッピーピポパポは檀黎斗が情報収集に為にプログラミングしていたものであって、その記憶を消去したとのこと。

ということは、現在のポッピーが本来の姿である、とも解釈できます。

確かに今のポッピー自体は「ゲームのルールに従って行動している」だけ。ゲームキャラとして、もっとも純粋な状態ともいえます。

しかし、天真爛漫な性格のまま、敵として登場したポッピーにある種の怖さも感じます。

普段はアニメ声のポッピーだが、変身の掛け声はセクシー。

出典:https://pbs.twimg.com/media/C74NyJ-VMAAP8qp.jpg

感想② 医師の資格

認可を受け、医師免許さえ持っていれば、それでドクターと呼べるのか。飛彩が自問するシーンが印象的でした。

医師免許を持っていても、優れた技術を持っていても、人の命を救わなければドクターとは呼べない。人の命を救うからこそ、ドクターとしての存在意義がある。

飛彩が永夢から感化されて、自問するところも印象的でした。

感想③ 永夢の正義

一人でも多くの命を救い、一人でも多くの笑顔を取り戻す。

体を健康にするだけじゃダメで、笑顔を取り戻せなければ意味がないという、第1話からの永夢の信念、永夢の正義は折り返し地点になったこの段階でもぶれることなく貫かれています。

目に見えて形のある正義など存在せず、立場が変われば正義は変わるもの。だからこそ、仮面ライダーシリーズでは、特に主人公は「なんのために戦うのか」をはっきりさせることが大切です。時には一つのエピソードを使ってでも、そのことを明確にしないと、1年にわたるシリーズの中で軸がぶれてしまうからです。

宝生永夢はもともと医者という設定のため、人の命を救うのは当たり前という立場でしたが、その中でも貴利矢の死や、ゲンムとの戦い、今回のように患者からの信頼が得られないケースなど、その信念を揺るがしかねない逆境を、永夢は幾度となく乗り越えてきました。

しかし、最初に永夢の正義をきちんとあらわしていたからこそ、展開の速いストーリーの中で、ぶれることなく永夢という主人公を描けているのだと思います。

人の命に向き合ってこそのドクター。信念を持ってこその仮面ライダー。

出典:https://pbs.twimg.com/media/C82y_3UUMAEzpww.jpg

感想のまとめ

患者からの信頼が得られないという逆境の中、ぶれることなく永夢という主人公を描ききったのは見事でした。

次回 第27話「勝者に捧ぐlove&peace!」

「お前は俺の患者だ。俺のそばから離れるな」

https://twitter.com/ura511_den0/status/851044295565991936

もうすでに、ネットでは大我♡ニコでもちきりです!

ポッピーピポパポについてはこちら!

表敬訪問から闇落ちまで!松田るか演じるポッピーピポパポとは?

 

 

仮面ライダーエグゼイド動画の見逃し配信を無料で見る方法!

仮面ライダーエグゼイドの見逃し配信は、「auビデオパス」で見ることができます!

Hulu dTV U-NEXT Netflixでも見れないのに、auが本気を出してきて見れるんです!!しかも、戦隊シリーズは全部見れるので、「キュウレンジャー」見逃し配信も無料で見ることができます。30日間無料で見れるので、ゆっくりエグゼイドもキュウレンジャーも見返すことができますよ。

ソフトバンク・ドコモもOK!
登録はこちらから
↓↓↓

今すぐクリック!→ビデオパス!エグゼイドとキュウレンジャーの動画が無料見放題!

 

kamenrider

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です