仮面ライダーエグゼイド第25話「New game 起動!」の感想

仮面ライダーエグゼイド第25話「New game 起動!」のネタバレ感想です。ついに始まった仮面ライダークロニクル!一般人が変身するヒーロー「ライドプレイヤー」。ゲームのナビゲーターとして登場したポッピーピポパポ。そして、ゲームオーバーの残酷な末路……。重すぎる第25話を、あらすじとネタバレ感想で振り返っていいます。

スポンサードリンク

表敬訪問から闇落ちまで!松田るか演じるポッピーピポパポとは?

第25話「New game 起動!」のあらすじ

最近、CRでポッピーピポパポ(演:松田るか)の姿を見ない。永夢(演:飯島寛騎)が心配していると、そこに複数の救急通報がなり響く。

現場に到着し、患者のテンマ(演:西井幸人)を診察する永夢。だが、症状がいつもと違う。「敵を追っていた」「ほかのプレイヤーに先を越される」と話すテンマの手には「仮面ライダークロニクル」ガシャットが。ガシャットを起動させたてんまはライドプレイヤーになってその場から立ち去ってしまう。

永夢が後を追うと、複数のライドプレイヤーがソルティと戦っていた。永夢も仮面ライダーエグゼイドに変身する。そのわきでライドプレイヤーに変身する青年、ツジ(演:海上学彦)。変身したはいいもののどうしていいかわからず、「チュートリアルとかないのかよ」と戸惑うツジの前に、ゲームのナビゲーターであるポッピーピポパポが現れる。

エグゼイドの問いかけにも反応せずにゲームの説明を始めるポッピーピポパポ。幻夢コーポレーションが新たに発売した「仮面ライダークロニクル」は、プレイヤーが実際に変身してバグスターと戦う対戦ゲーム。さらに、ポッピーピポパポはレアキャラ「仮面ライダー」を倒せば武器やアイテムが手に入ると説明。プレイヤーたちはエグゼイドやブレイブを襲い始める。ブレイブはガシャコンソードでプレイヤーたちを薙ぎ払い、エグゼイドはレベル99で格の違いを見せつける。一人逃げずに残ったテンマだったが、再びゲーム病の栄養で倒れてしまい、永夢によってCRへ搬送された。

テンマのゲーム病を治すにはソルティを倒さなくては。永夢はソルティがプレイヤーたちと戦っている場所に赴き、エグゼイドに変身する。

しかし、プレイヤーたちにガシャコンブレイカーを奪われて襲われ、さらにゲーマドライバーやガシャットまで奪われてしまった。ガシャットの力で武器を呼び出したプレイヤーたちはソルティに挑みかかる。

ドライバーまで奪われどうすることもできない永夢。そこにパラド(演:甲斐翔真)が現れる。

「どうだ、永夢。楽しんでるか? これが究極のゲームだ」

パラドはそういうと仮面ライダーパラドクスに変身。新たなライダーを前にしたプレイヤーたちはパラドクスに襲いかかるが歯が立たず、逆にパラドのクリティカルコンボでゲームオーバーになってしまう。

すると、ツジたちプレイヤーの体に異変が。そこにポッピーピポパポが現れ、衝撃の事実を伝える。

「ゲームオーバーになったプレイヤーは、消滅しちゃうの」

驚愕の真実にツジたちプレイヤーは悲痛な叫びをあげながら、永夢の目の前で消滅してしまった。

「コンティニューはできませーん! 1つしかないライフを大切にね」

命をもてあそぶゲームに怒りを隠せない永夢。そんな永夢に対し、パラドは「攻略される気分を味わえ」と告げる。

バグスターたちのアジトに戻ったポッピーピポパポ。そこで、天ヶ崎(演:小手伸也)から花束を渡される。

その花束の中には、新たなバグルドライバーと、新たなガシャットが……。

今回唯一の救いは、OP映像が新バージョンとなって帰ってきたこと

出典:https://pbs.twimg.com/media/C8Zi8jtVoAABUhE.jpg

感想① 「仮面ライダークロニクル」のルールのおさらい

「仮面ライダークロニクル」ガシャットでライドプレイヤーに変身したプレイヤーたちは、現実世界に現れた13体のバグスター(初級から上級までレベル分けされている)と戦い、倒した証を集めていきます。

すべてのバグスターを倒すと究極のバグスターであるラスボスが登場します。

また、レアキャラである仮面ライダーを倒すことにより、ドライバーやガシャット、武器を奪うことができます。

現実世界の人間がゲームの世界に入り込むという設定はよく見かけますが、仮面ライダークロニクル」はゲームが現実世界を侵食していきます。通常のガシャットでも起動させるだけでゲームエリアが展開したのを考えると、ガシャット自体が「現実をゲームに置き換える装置」として開発されたのかもしれません。

感想② ライドプレイヤーのレベルはいくつなのか

これまでの仮面ライダーたちは皆レベルがせていされていましたが、ライドプレイヤーにはレベルの設定がありません。

しかし、テレビ朝日の公式サイトでスペックを見ることができます。

これによると、ライドプレイヤーたちのスペックはエグゼイドのレベル1より少し劣る設定。さらに、エグゼイドレベル1がキメワザを使えるのに対し、ライドプレイヤーはキメワザが使えないので、実質レベル0.5くらいではないでしょうか。これなら、よってたかってならレベル3くらいまでは何とかできそうです。

さらに、このスペックはあくまでも初期値のようで、プレイを進めるにつれてレベルも上がるのだとか。本格的にライダーたちの脅威になる日も近いかもしれません。

これがライドプレイヤー。ク〇ボーでもくりまんじゅうでもありません。

出典:https://stat.ameba.jp/user_images/20170326/08/akipapa123/9f/b5/j/o0600033813898556527.jpg?caw=800

感想③ ゲームオーバーの末路

ゲームオーバーになった物の末路、それは消滅でした。そのことを知らせれていなかったプレイヤーはゲームオーバーになって初めて消滅の事実を告げられ、死の恐怖に怯えながら消滅していいました。

「仮面ライダーエグゼイド」が、朝からまたしてもトラウマをばらまきました。

ここまで、すでに2人のライダーが消滅している仮面ライダーエグゼイド。ライダーが序盤や中盤で死亡退場することは仮面ライダー鎧武や平成1期にもみられます。

しかし、一般人が回想シーン以外で、それも大量に殺されるシーンは平成2期ではありません。平成1期、それもクウガなどの初期を彷彿とさせるシーンでした。

感想④ 仮面ライダークロニクルの真意

檀黎斗が画策するも志半ばで倒れ、パラドに奪われた「仮面ライダークロニクル」。

黎斗が製作していた時は、彼なりの「人類の夢と冒険」を志していました。

しかし、パラドに雨んライダークロニクルを奪われたことにより、その意味付けが変わってきます。

それは、「人類を滅ぼすためのゲーム」。

これまで、ただ楽しむためだけに仮面ライダークロニクルへの参加をほのめかしていたパラドですが、実はその真意は、ゲームキャラから人間へ対する復讐でした。

「許せないんだ。自分たちが一番偉いと思っている人間たちが」

遊びのつもりでゲームに乗ってきた人間たちをゲームオーバーに追い込み、消滅させ人類を滅ぼす。攻略する側だった人間たちを、ゲームキャラであるバグスターたちが攻略していく。

パラドにとって仮面ライダークロニクルとはゲームではなく復讐、人類をパズルのブロックのように消滅させる壮大なパズルだったのかもしれません。

仮面ライダーパラドクスVSライドプレイヤー

出典:http://www.toei.co.jp/tv/ex-aid/story/__icsFiles/afieldfile/2017/03/24/5.jpg

感想のまとめ

ついに始まった仮面ライダークロニクル。ドクターライダーたちとバグスター側の対立が鮮明になっただけでなく、そこに「一般人」という第三局が関わってくることになりました。まさに「クロニクル」にぴったりな内容です。

でも、タイトルになってる『仮面ライダー』って、このゲームではレアキャラ、脇役ですよね?

次回 第26話「生存を賭けたplayers」

次回、新ライダー「仮面ライダーポッピー」登場! ポッピーを相手に永夢は戦えるのか?

仮面ライダーポッピーについてはこちら!

ネタバレ情報!仮面ライダーエグゼイドに異例の女性ライダー登場!

仮面ライダーエグゼイド動画の見逃し配信を無料で見る方法

仮面ライダーエグゼイドの見逃し配信は、「auビデオパス」で見ることができます!

Hulu dTV U-NEXT Netflixでも見れないのに、auが本気を出してきて見れるんです!!しかも、戦隊シリーズは全部見れるので、「キュウレンジャー」見逃し配信も無料で見ることができます。30日間無料で見れるので、ゆっくりエグゼイドもキュウレンジャーも見返すことができますよ。

ソフトバンク・ドコモもOK!
登録はこちらから
↓↓↓

kamenrider

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です