仮面ライダーエグゼイド第15話のあらすじとネタバレ感想!

仮面ライダーエグゼイド第15話「新たなchallenger現る!」のあらすじと感想です。第15話でついに明かされた宝生永夢の正体。しかし、それは新たな謎の幕開けと、新たな戦いの合図でもありました。そして、パラドがついに仮面ライダーパラドクスに変身!仮面ライダーエグゼイド第15話をあらすじと感想で振り返っていきます。

スポンサードリンク

仮面ライダーエグゼイド 第15話「新たなchallenger現る!」の感想

仮面ライダーエグゼイド第14話「We’re 仮面ライダー」感想

外科手術で貧血を起こしてしまった永夢(演:飯島寛騎)。飛彩に外科に向いていないと言われる一方、向いているのはゲーム医療くらいとの言葉をもらう。

そんな中、バグスター患者の通報が。永夢と明日那(演:松田るか)が現場へ向かうと、ニコ(演:黒崎レイナ)の姿があった。永夢が診察するも、症状は見られず。どうやら仮病らしい。

スポンサードリンク

すると、なぜか永夢を敵視するニコは大我(演:松本亨恭)から奪ったゲーマドライバーとガシャットで変身を試みる。しかし、ガシャットを起動したことで彼女の中に潜伏していたバグスターウイルスが増殖し、本当にゲーム病になってしまう。

ニコの体からリボルバグスターが分離。永夢、飛彩、大我はそれぞれエグゼイド、ブレイブ、スナイプに変身するが、どういいうわけかエグゼイドの攻撃だけ効かない。

そこにゲンムも現れ大混戦。結局、バグスターを取り逃がしてしまう。

変身を解除した大我は黎斗(演:岩永徹也)に、永夢がゲーム病であったことを突き付ける。

黎斗の口から語られた真相。それは、6年前に医師である戝前美智彦の手によって、永夢は世界初のゲーム病患者にさせられたというものだった。

その事実を陰で聞いていた飛彩は永夢に医師を志した動機を尋ねる。永夢は恭太郎(演:野村宏伸)に憧れるも、医師になれる自信がなく、ゲームにのめりこんでいた。

しかし、6年前にゲームの大会後に倒れ、手術の夢を見て以来、医師への志がしっかりとしたものになり、猛勉強をしたと答える永夢。

永夢のもとに大我からニコの荷物を取りに来るよう連絡が入る。指定された場所に向かうが、明日那の危惧していた通りやっぱり罠。大我はスナイプに変身して永夢に襲いかかる。

永夢もエグゼイドに変身して応戦するも、そこにブレイブが現れ、何も言わずにエグゼイドを攻撃。わけのわからないエグゼイドは防戦一方となる。

そこにパラド(演:甲斐翔真)が現れる。新たなガシャット「ガシャットギア デュアル」を手にしたパラドは仮面ライダーパラドクスに変身する。そのレベルはなんと50! パズルゲーマーのアイテムを駆使した攻撃でブレイブとスナイプを倒すと、今度はファイターゲーマーに大変身。エグゼイドもノックアウトしてしまう。その姿は、純粋にゲームを楽しむかのよう。

実は、飛彩と大我が永夢に何も言わずに攻撃したのには理由があった。永夢にゲーム病であることを告知すれば、過度のストレスで何が起こるかわからないからだったのだ。

ニコが永夢に固執する理由とは……

出典:https://lh3.googleusercontent.com/-ww7_ZUaDoo0/WIP40NnAU2I/AAAAAAAAGSY/3UXdA7jXE2Y40TzaV9u9Ysj2O-fw8bz8QCLcB/s400/IMG_3101.JPG

第15話の感想① エグゼイドのシナリオ展開

スポンサードリンク

散々引っ張ってきた「永夢」の謎、それは、「宝生永夢は世界初のバグスター患者だった!」でした。

でも、これ、冬の映画を見に行った人なら全員知っていること。

しかし、そこに今度は「永夢の本来の人格はどちらなのか」という謎が生まれてきました。

思えば、「ゲンムの正体」も第5話で明かし、さらに第11話ではその真実を永夢たちにも知らせる。

テンポよく謎を明かして話を進める一方で、「黎斗の真の目的はなにか」という大きな謎は伏せたままです。

しかし、テンポよくイベントを起こし、消化しているので、大きな謎を謎のままにしておいても、苛立つことなく視聴者はついてこれます。

1つの謎を何か月も引っ張り続けても、視聴者は飽きてしまいます。中には途中で答えがわかってしまい、本編で真相が語られても面白くなくなってしまう、ということも。

謎を提示してある程度引っ張ったら、答えを明かすと同時に新たな謎を提示する。こうやって『仮面ライダーエグゼイド』は見るものを引き付けています。

第15話の感想② 新たな謎

では、「永夢はなぜ変身できるのか」に代わる新たな謎とはなんだったのでしょうか。

それは、「『僕』と『俺』、どちらが本来の人格なのか」。

「永夢の二重人格はバグスターによってつくられたものなのではないか」は多くの視聴者が予想していたものですが、

みな、『僕』が本来の人格で、『俺』が作られた人格』だと思っていました。

しかし、前回、ニコの話から、真相はその逆なのではないかという疑惑が浮上します。

今回、永夢が語った6年前の話は、それを裏付けるものでした。

医師を志していたものの、ゲームにのめりこんでいた永夢。しかし、6年前に幼き日の手術の夢(実際には、バグスター感染手術の誤認)を見て以降、本格的に医師を志して勉強を始めたのだとか。

つまり、ここでも『俺』が本来の人格で、『僕』が作られた人格であることがうかがえるのです。

一体、永夢の中で何が起こっているのでしょうか。

6年前の永夢。やはり、本来の性格は『俺』なのか……。ファッションも現在よりもだいぶおしゃれだ。

出典:http://www.toei.co.jp/tv/ex-aid/story/__icsFiles/afieldfile/2017/01/13/6.jpg

第15話の感想③ 仮面ライダーパラドクス

ついにパラドが仮面ライダーに変身! その名も、仮面ライダーパラドクス!

二つのガシャットの能力を持つ「ガシャットギア デュアル」というアイテムで変身します。

「パーフェクトパズル」で変身するパズルゲーマーレベル50は、ゲームエリア内のオブジェクトを操り、複数のアイテムのコンボで攻撃します。

一方、「ノックアウトファイター」で変身するファイターゲーマーレベル50は、純粋な打撃攻撃を得意とし、両腕の強化アーマーでエグゼイドをノックアウトしてしまいました。

黎斗と行動をともにしながらも、永夢にガシャットを渡したりと、不可解な行動をとるパラド。彼が本格的に始動しました。

仮面ライダーパラドクス パズルゲーマー レベル50。手にしているのはガシャットギア デュアル。

出典:http://www.toei.co.jp/tv/ex-aid/story/__icsFiles/afieldfile/2017/01/13/5.jpg

まとめ

1年という長いスパンで進む仮面ライダーシリーズ。その中でも、ビジュアルのダサさで話題を呼んだことを含めて、エグゼイドはスタートダッシュの成功例と言えるでしょう。

次回 第16話「打倒MのParadox」

なぜか通用しないエグゼイドの攻撃。なぜか襲い掛かってくるブレイブとスナイプ。このことから永夢は、自分がニコのストレスのもとではないかと推理して……。

第16話のネタバレと感想はこちら!

仮面ライダーエグゼイド第16話「打倒MのParadox」の感想!

仮面ライダーエグゼイド動画の見逃し配信を無料で見る方法

仮面ライダーエグゼイドの見逃し配信は、「auビデオパス」で見ることができます!

Hulu dTV U-NEXT Netflixでも見れないのに、auが本気を出してきて見れるんです!!しかも、戦隊シリーズは全部見れるので、「キュウレンジャー」見逃し配信も無料で見ることができます。30日間無料で見れるので、ゆっくりエグゼイドもキュウレンジャーも見返すことができますよ。

ソフトバンク・ドコモもOK!
登録はこちらから
↓↓↓

kamenrider

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です