仮面ライダーエグゼイド最終話(8月27日)の見逃し配信動画を無料で見る方法とネタバレ感想!「終わりなきGAME」

8月27日放送の仮面ライダーエグゼイド最終話のネタバレ感想と見逃し無料動画を紹介していきます。8月27日についに完結を迎えた仮面ライダーエグゼイドの最終話をネタバレ感想で振り返りつつ、見逃した方に無料動画を紹介します。絶対に見逃すな!

スポンサードリンク

仮面ライダーエグゼイド44話(8月20日)の見逃し配信動画を無料で見る方法とネタバレ感想!「最期のsmile」

仮面ライダーエグゼイド最終話「終わりなきGAME」のネタバレ感想

パラド(演:甲斐翔真)が消滅したことにより、永夢(演:飯島寛騎)はエグゼイドへの変身能力を失った。正宗(演:貴水博之)はここぞとばかりにクロノスに変身し、ライダーたちを抹殺しようとする。

残されたライダーたちはクロノスに挑みかかるが、ポーズの能力を持つクロノスの前に全く歯が立たない。永夢は生身のままでクロノスに挑みかかるが、跳ね返されてしまう。

スポンサードリンク

クロノスはポーズで時間を止め、永夢の命を奪おうとする。しかし、止まった時間の中でなぜか天才ゲーマーMの力が覚醒。クロノスを跳ね飛ばすと時間をリスタートさせる。

4人のライダーは同時にレベル2へ変身。クロノスを圧倒する。それは、パラドが命を懸けてクロノスのウイルスを抑制していたからだった。

エグゼイド、クロノス、ともにとどめのライダーキックが交錯する。そしてエグゼイドが勝ち、ついに仮面ライダークロニクルはクリアされた。

正宗の今後を衛生省にゆだねようとするライダーたち。だが、政宗は審判を下すのは自分だと言い、仮面ライダークロニクルのガシャットを自身に突き刺し、消滅した。

仮面ライダークロニクルが終わり、永夢と恭太郎(演:野村宏伸)による記者会見が行われた。クロニクルが終わっても、バグスターウイルスは残っており、消滅した人たちを元に戻す方法はいまだ不明。だが、永夢は消滅した人が死んだとは考えておらず、死んだように見える症状ではないかと問いかける。長期的に患者に寄り添い、必ずすべてに人々の笑顔を取り戻すという決意を見せる永夢。

一方、大我(演:松本亨恭)は飛彩(演:瀬戸利樹)の計らいもあり、ゲーム病の専門医としての医療活動が認められることになった。そんな大我のもとに医療事務の募集を見たと言って、高校を卒業したニコ(演:黒崎レイナ)がやってくる。

CRに戻った永夢。すると、耳なじんだ声が。

「もう、ピプペポパニックだよー!」

永夢が部屋に入ると、そこには消滅した初のポッピーピポパポ(演:松田るか)の姿が。実は、消滅寸前のポッピーのウイルスを黎斗(演:岩永徹也)が取り込んで培養し、復元していたのだ。そして、復元されていたバグスターはもう一人いた。

「宝生永夢ゥ! なぜ、パラドが消滅したにもかかわらず、君がエグゼイドに変身できたのか!? その答えはただ一つ! 君が、パラドに二度感染した男だからだぁ!」

永夢の体から抜け出るパラド。永夢はパラドとの再会を喜び、互いに手を取り合う。そこに救急通報が。永夢はCRのドクターとして電話に応対する。

宝生永夢。彼のドクターとしての道のりは、まだ始まったばかりである。

仮面ライダークロニクル、絶版

出典:https://pbs.twimg.com/media/DIO3HiGVAAUmx_A.jpg

最終回のネタバレ感想

スポンサードリンク

最終回というのは「最後どうなるんだろう?」というのが気になるところ。

そういう意味では、「変身できないはずの永夢がなぜかエグゼイドに変身できて、クロノスを撃破する」という展開がわかりきっていたエグゼイドの最終回でしたが、アクションシーンは早々に切り上げ、ドラマパートに力を入れ、永夢のドクターとしての成長に焦点を当てたこの最終話は、素晴らしい出来となりました。

当初は志は高いものの技術も知識も、そして覚悟も未熟だった永夢。それが数々の試練を乗り越え、数々の患者と命に向き合い、本当の意味で患者に寄り添い、命に向き合えるドクターへと成長しました。

仮面ライダーエグゼイドは、永夢のドクターとしての成長を描いた作品と言えるでしょう。

シリーズ全体の感想① ストーリー構成

「毎週がジェットコースターのよう」とも言われ、怒涛の展開を見せていた仮面ライダーエグゼイド。特に、ストーリーの面白さに定評がありました。

徳にパラドの正体についてがそうなのですが、視聴者が真相に気づき始めたらすぐに伏線を回収することで、視聴者は新鮮な気持ちで驚くことができました。

相当EXCITE

出典:https://pbs.twimg.com/media/DIOzZ81VYAAjKBy.jpg

シリーズ全体の感想② 医療とゲーム

医療とゲームという相反するモチーフを組み合わせた仮面ライダーエグエイド。制作発表当初は「ゲーム病」や「ゲーム医療」など、違和感の強い用語のせいもあり、この組み合わせに疑問が持たれていましたが、医療とゲームの命に対する価値観の違いをうまく利用し、「コンティニューできない命の大切さ」を見事に描き切りました。

最終話、そして映画へ。

最終話放送後に明かされた真実。それは8月5日に公開された「劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング」は、時間軸が最終回の後の話だった、ということでした。

そういう仕掛けがあったのかとはっきりすると、改めて映画を見たくなりますね。

私は、もう一度見に行きます。

さらに、Vシネマ三部作も制作決定!

出典:https://pbs.twimg.com/media/DIOzMwdUwAErCZh.jpg

感想のまとめ

正直なことを言うと、エグゼイドにもいくつか雑だった部分はあります。しかし、そこには目をつむってもいい。そう思わせるくらい良い作品でした。

懐かしい第1話はこちら!

仮面ライダーエグゼイド第1話あらすじとネタバレ感想!

仮面ライダーエグゼイド動画の見逃し配信を無料で見る方法

仮面ライダーエグゼイドの見逃し配信は、「auビデオパス」で見ることができます!

Hulu dTV U-NEXT Netflixでも見れないのに、auが本気を出してきて見れるんです!!しかも、戦隊シリーズは全部見れるので、「キュウレンジャー」見逃し配信も無料で見ることができます。30日間無料で見れるので、ゆっくりエグゼイドもキュウレンジャーも見返すことができますよ。

ソフトバンク・ドコモもOK!
登録はこちらから
↓↓↓

kamenrider

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です