仮面ライダーアマゾンズ第11話のあらすじとネタバレ感想+無料動画

仮面ライダーアマゾンズEpisode11「KILLING DAY」のあらすじとネタバレ感想です。アマゾン一掃計画「トラロック」の決行予定日。トラロックを遂行したいもの、阻止したいもの、それぞれの思いがこの11話で交錯します。そして、アマゾンシグマとの戦いにもついに決着が!11話をあらすじとネタバレ感想でおさらいしましょう。

スポンサードリンク

仮面ライダーアマゾンズEpisode11「KILLING DAY」のあらすじ

アマゾンシグマの攻撃に胸を貫かれた、仮面ライダーアマゾンオメガこと悠(演:藤田富)。悠が倒れたことで駆除班がピンチかと思われたが、変身を解いた前原(演:朝日奈寛)はデータ取りが終わったとして、その場を立ち去る。悠は野座間製薬の処置室に運ばれた。

スポンサードリンク

だが、悠は食事だけで驚異的な回復を見せる。それを見て、喜びを隠せない令華(演:加藤貴子)。それは母としての喜びか、それとも、アマゾン開発者としての喜びなのか。

令華にトラロックを中止するよう要請する悠。その隙をついて、令華の秘書の加納(演:小松利昌)がトラロックの起動するための端末を奪ってしまう。橘(演:神尾佑)の指示を受けてのことだった。悠は、令華に追いかけるよう言われるも、わざと見逃す。

駆除班と合流した悠。悠はトラロックが行われないこと、それをわざと見逃したことを志藤(演:俊藤光利)に話す。そのことで、悠と志藤は再び衝突する。

そのころ、加納の前に、令華から連絡を受けた仁(演:谷口賢志)が現れる。しかし、そこに前原も現れた。互いに変身し戦うアルファとシグマ。

「今度は、3手で詰む」

予告通り、3手で変身を解除してしまった仁。絶体絶命のピンチに、悠、そして駆除班が駆けつける。一度は衝突した悠と志藤だったが、チームを思うマモル(演:小林亮太)が再びチームの絆をつないだのだった。

悠と駆除班、そして仁。アマゾンシグマとの最終決戦が始まる。

駆除班と令華

出典:http://livedoor.blogimg.jp/sihitan/imgs/3/9/394a6e8f-s.jpg

第11話のネタバレ感想① 悠はいったい何者なのか

スポンサードリンク

令華や天条(演:藤木孝)は悠を「第3のアマゾン」と呼んでいます。既存の実験体とも、人からアマゾンとなった仁とも違う、第3のアマゾン。食事を必要とせず、痛覚のないシグマとも違う、第3のアマゾンとは、いったい何なのでしょうか。

今回、令華の反応から、その特徴が「食事のみで驚異的な回復力を見せる」という点であることがわかります。また、他の実験体とも決定的に違うとのこと。

ここで気になるのが、果たして悠は「実験体」なのか、ということ。悠が実験体と決定的に違うということは、悠は「アマゾン」ではあるけれど、「アマゾン実験体」ではないということを示唆しているのではないでしょうか。

実験体ではないとはどういうことか。「実験体」という名称から考えて、ある目標が存在し、その目標に近づくために作られていたアマゾンが実験体であると考えられます。

もしかしたら、その「目標」こそが悠、すなわち、第3のアマゾンなのかもしれません。そう考えると、令華が実験体の殲滅に容赦しないのも、完成品が手元にある以上、もう実験体に用はないからなのかもしれません。

第3のアマゾンとはいったい何なのか。

出典:http://www.toei.co.jp/tv/amazons/story/__icsFiles/afieldfile/2016/09/07/5.jpg

第11話のネタバレ感想② 七羽の想い

第11話のやり取りでは、七羽(演:東亜優)がトラロックという作戦の存在と、実行されると仁も死んでしまうことを理解している描写があります。

明日あたり実行されそうだという七羽の言葉に、笑みを浮かべる仁。仁にとって、自身も駆除すべきアマゾンに過ぎないのです。

しかし、七羽は仁に対して「逃げないと」と言います。

第10話で、仁が戦いに行くのを見送ってなんとも思わないはずがないと告げた七羽。

自身をアマゾンとみなす仁と、そんな彼を一人の人間とみる七羽。最終回に向けて、七羽がどのような行動をとるのかも注目です。

第11話のネタバレ感想③ VSアマゾンシグマ

今回の見どころはやはり、強敵アマゾンシグマとの対戦でしょう。

アマゾンシグマの恐ろしさは、驚異的な戦闘力はもちろん、ダメージを認識しない、つまり痛覚がない点にあります。

どれだけダメージを与えようとも、完全に死んでしまうまで、痛がることなく動き、戦い続けるシグマ。

痛覚がないのは驚異的ですが、それは裏を返せば、「致命的な損傷が蓄積されていても気づかない」という点になります。

痛みとは、人体の緊急信号。「今、この部分が大変なことになっている! 早く処置しないと、危険なことになる!」というのを脳へ知らせる役割を持っています。痛覚がないということは、一時的には強みになりますが、自身の損傷に気づかないため、そこをかばうことも、ダメージを考慮して戦術を変えることもできない。長期戦ではむしろ不利になるのです。

とはいえ、1対1ではオメガもアルファも倒されてしまいました。オメガとアルファ、そして駆除班が協力して戦うことで、ようやくシグマを倒すことができました。

どんなに強い生物でも、一人で生きていくことはできない。また、どんなに弱い生き物でも、力を合わせれば強い力を発揮できる。今回、チームの絆も強調して描かれていたということは、そういうことを物語っているのではないでしょうか。

オメガ、アルファ、シグマ。3人のライダーが唯一顔を合わせた回だった。

出典:https://lh3.googleusercontent.com/-Tiq57dni1VU/V1mX04OYIyI/AAAAAAABQPU/gN8ZLNzzLpY5d2RUTo0_MOX0ZaLJUiWjgCKgB/s1024/2016-06-10_01h22_27.png

第11話のネタバレ感想④ マモル

今回、対立した悠と志藤をつないだのは、マモルでした。ハンバーガーとチームが好きという理由だけで戦うマモル。そのため、彼は何よりもチームから誰かいなくなること、チームの輪が崩れることを嫌うのです。

お金のためだというのなら、と集めていた5円玉を差し出すマモル。マモルの純粋さが、バラバラになりかけていたチームを再び結び付けました。

そのマモルが、覚醒しようとしています。実は、第9話の人肉レストランでの戦闘中に、人肉とは知らずに口にしていたのです。

いつかそんな時が来るのではないか、とは思っていたものの、マモルの純粋さを引き立てた直後の展開というところに、シナリオのうまさを感じます。

5円玉から駆除班を除くマモル。しかし、この時、すでにマモルは人肉を口にしていた。

出典:http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/2d/68/d3d1d548a718db413152857771682e95.png

第11話の感想のまとめ

アマゾンシグマとの戦いが終わったと思ったら、マモルが覚醒を迎えようとしている。悠も、トラロックに対する考えを変えたわけではない。はたして、12話はどのような感じになるのでしょうか。

NEXT 仮面ライダーアマゾンズEpisode12「LOST IN THE FOG」

ついに、トラロック決行! そして、マモルにも異変が……。

仮面ライダーアマゾンズ11話動画を無料で見る方法

仮面ライダーアマゾンズは現在、地上派で放映中ですが、もともとはAmazonプライム会員限定の配信動画として配信されました。TV地上派放送に関しては、そのAmazonで配信された動画の一部を編集カットして放送している内容になります。

つまり、、、仮面ライダーアマゾンズはAmazonプライムビデオ会員でなら、仮面ライダーアマゾンズの動画を全て見ることができます。

…どうせお金がかかるんでしょ?と思われてる貴方!

確かに、Amazonプライム会員は年会費3900円のサービスで・す・がっ!

初めての方に限り、なんと30日間無料キャンペーンを実施中!つまりは、30日間1カ月なら、無料でプライム会員のお試しができるんです。ですので、1カ月以内に仮面ライダーアマゾンズ動画、前13話を一気に見ることが可能ですよ!

まずは、一度ご登録して、お試ししてみてください。

登録はコチラから↓↓↓

※登録の際には、クレジットカード情報が必要になりますので、ご用意ください。尚、30日間無料キャンペーン中に解約手続きをしないと、自動的に有料会員登録されますので、色々お試しをしてみて、継続されない方は、期間中に解約手続きをお勧めします。

仮面ライダーエグゼイド動画の見逃し配信を無料で見る方法

仮面ライダーエグゼイドの見逃し配信は、「auビデオパス」で見ることができます!

Hulu dTV U-NEXT Netflixでも見れないのに、auが本気を出してきて見れるんです!!しかも、戦隊シリーズは全部見れるので、「キュウレンジャー」見逃し配信も無料で見ることができます。30日間無料で見れるので、ゆっくりエグゼイドもキュウレンジャーも見返すことができますよ。

ソフトバンク・ドコモもOK!
登録はこちらから
↓↓↓

kamenrider

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です