地上波で放送された仮面ライダーアマゾンズの感想《動画あり》

仮面ライダーシリーズ45周年記念企画の一環として作られた「仮面ライダーアマゾンズ」。2016年 の4月にネット配信という形で動画が放映されたこの作品は、2000年代の平成仮面ライダーシリーズを彷彿とさせるシリアスな展開に、テレビではなかなか できないアクションで話題と人気を集めました。その仮面ライダーアマゾンズがついに地上波で見ることができます。今回は仮面ライダーアマゾンズの魅力と感 想を余すところなく紹介。仮面ライダーアマゾンズをまだ見ていない人でも、まだ間に合いますよ。

◆仮面ライダーアマゾンズとは?◆

動画はこちら

東映は今年2016年を「仮面ライダー生誕45周年」と銘打ち、さまざまな企画を進行してきました。その第1弾が映画「仮面ライダー1号」でした。そして、企画の第2弾として発表されたのが、「仮面ライダーアマゾンズ」の製作です。

仮面ライダーアマゾンズは、1974年の作品でアマゾンで育った野生児主人公という異色の作品「仮面ライダーアマゾン」をベースに新たに作られた作品です。仮面ライダーアマゾンへのオマージュはいたるところにちりばめられています。

1974年に放送された仮面ライダーアマゾン

http://www.toei.co.jp/release/dvd/__icsFiles/artimage/2016/05/09/c_dv_release/amazon.jpg

チーフプロデューサーは2000年代の仮面ライダーシリーズを多く手掛けた白倉伸一郎氏。彼は制作発表の場で「最近のライダー、面白いですか?」とまさかの挑発的な発言をしました。「トゲを抜かれてしまった仮面ライダーシリーズにもう一度トゲをもたらしたい」と意気込む白倉氏。その言葉通り、「生きること」「他者を食らうということ」を真正面からとらえた、シリアスな作風となっています。

 

脚本を担当したのは、特撮ファンから絶大な人気を集める小林靖子氏。2002年の仮面ライダー龍騎や2007年の仮面ライダー電王、2010年から2011年の仮面ライダーオーズで平成仮面ライダーシリーズの人気を支えてきた、仮面ライダーを知り尽くした脚本家です。

 

主人公、仮面ライダーアマゾンオメガに変身する水澤悠を演じるのは、読者モデル出身の藤田富さん。もう一人の仮面ライダー、仮面ライダーアマゾンアルファに変身する鷹山仁は「救急戦隊ゴーゴーファイブ」でゴーブルー役だった谷口賢志さんが演じています。また、遥の義妹でヒロインの美月役には、若手女優として注目が挙がっている武田玲奈さんが抜擢されました。

 

◆仮面ライダーアマゾンズの動画はどこで見れるの?◆

仮面ライダーアマゾンズの動画は、さまざまな動画が見れる有料サイト「Amazonプライム」で配信されていました。年会費3900円で様々な動画が見放題になるサイトです。

 

この仮面ライダーアマゾンズが、この7月からついに地上波で放送されることになりました。

TOKYO MXで毎週水曜日22時30分から23時まで放送されています。

 

さらに、地上波だけでなく、BS朝日でも放送されています。毎週月曜日(日曜深夜)、午前1時からの30分間です。こちらは全国で見ることができます。

 

内容は動画をテレビサイズに編集したものですが、Amazonプライムで配信されていた動画と比較すると、地上波では話の根幹を保ちつつ、無駄な部分をそぎ落としてより分かりやすくなっています。

◆仮面ライダーアマゾンズ、第1話「AMAZONZ」のあらすじと感想◆

鷹山仁が変身した、仮面ライダーアマゾンアルファ

http://pbs.twimg.com/media/Ce619vTUsAA1qkQ.jpg

仮面ライダーアマゾンズ1話あらすじ

人 を食らう謎の生命体、アマゾン。そして、彼らを狩ることを生業とする駆除班。駆除班は野座間製薬という企業に雇われ戦っていた。駆除班はある日、クモアマ ゾンとそれまでにない強さを持ったコウモリアマゾンに遭遇する。そこに現れる謎の男。彼はベルトを使って、仮面ライダーアマゾンアルファに変身。圧倒的な 強さでクモアマゾンを倒す。

一方、20歳の青年水沢悠は、自宅で苦しんでいた。2年前まで寝たきりで記憶もなく、野座間製薬の幹部、水沢麗 華に養子として引き取られ、義妹の美月と共に暮らしてた悠。悠は苦しみ、うなされるように家を出る。本能に導かれアマゾンとアマゾンアルファの戦いの場に いざなわれた悠は、理性を失い雄叫びとともに緑のアマゾンへと変化した……。

仮面ライダーアマゾンズ1話感想

作りこまれた設定だけど、怪物と人間の 組織の戦い、第三局として現れる仮面ライダーと、まだ何も知らない主人公という、フィクションでおなじみの構図に落とし込まれているので、非常にわかりや すく話が進んでいきます。視聴者を世界観に引き込まなければならない第1話としてはいいスタートを切ったといえるでしょう。

全体的にホラーな作風で、映像 的にも暴力的な描写が多いので、子供よりというよりは、日曜朝の仮面ライダーに満足できない大人向けの作品と言えます。

 

◆仮面ライダーアマゾンズ 第2話「BEAST INSIDE」のあらすじと感想◆

水澤遥が変身した仮面ライダーアマゾンオメガ

http://livedoor.blogimg.jp/sihitan/imgs/0/7/076ac73a.jpg

仮面ライダーアマゾンズ2話あらすじ

緑 のアマゾンに変化しコウモリアマゾンを倒した悠。仮面ライダーアマゾンアルファとの戦闘に入るも、敵わない。「アマゾンアルファ、鷹山仁は、悠を連れて帰 る。仁の家で意識を取り戻した悠。仁は悠にアマゾンについて語り始める。アマゾンとはいわば人食い細胞。悠も仁も、その細胞を体の中に飼っている怪 物……。

トンボアマゾンの居場所を突き止めた仁は大滝を狩りに行く。自らの正体を受け入れられず悩む悠に、仁のパートナー、七羽が力になる かもとベルトを渡す。混乱するままにベルトを作動させた悠は仮面ライダーアマゾンオメガに変身。本能にいざなわれ戦いの場へ行き、トンボアマゾンを真っ二 つにした。

 

仮面ライダーアマゾンズ2話感想

「養殖」として描かれる悠と、「野生」として描かれる仁。何も知らされずに過ごしてきた遥に対して、仁は生きることの厳しさを説きます。

「なにも傷つけず、自分の手も汚さない。優しい生き方だが、何の役にも立たないんだな……」

一方の駆除班も、かつての同志だったトンボアマゾンこと大滝を狩る決意を固めます。正義のためではなく、お金のため、食べていくために。

正 義や悪ではなく、食うか食われるか。大自然の残酷な法則から、生きることとは誰かを食らうことという現実と真正面から向き合っています。生きていれば誰か を傷つけることもある。できれば誰も傷つけずに生きていきたい。しかし、それは優しくも、誰の役にも立たない生き方。仁が思う生き方とはなんなのか。仁が これから見せていく生きざまに注目です。

まとめ

地上波でも放送される仮面ライダーアマゾンズは、「生きる」ということに向き合った意欲作です。映像的に子供が見たらたぶんトラウマになるでしょう(笑)。お子さんが寝た後で、生きるとはなんなのかと自分に問いかけながら見るといかがでしょうか。

仮面ライダーエグゼイド動画の見逃し配信を無料で見る方法

仮面ライダーエグゼイドの見逃し配信は、「auビデオパス」で見ることができます!

Hulu dTV U-NEXT Netflixでも見れないのに、auが本気を出してきて見れるんです!!しかも、戦隊シリーズは全部見れるので、「キュウレンジャー」見逃し配信も無料で見ることができます。30日間無料で見れるので、ゆっくりエグゼイドもキュウレンジャーも見返すことができますよ。

ソフトバンク・ドコモもOK!
登録はこちらから
↓↓↓

kamenrider

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です